鷹・工藤監督「この1勝は大きい」2位西武に勝ち越し、マジック点灯に王手

©株式会社Creative2

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

試合のない20日に西武が日本ハムに引き分けるか、敗れるとマジック「24」が点く

■ソフトバンク 2-1 西武(19日・京セラドーム)

 ソフトバンクが優勝へのマジックナンバー点灯に王手をかけた。19日、京セラドームでの「鷹の祭典2019」 最終戦の西武戦。相手のバッテリーミスで奪った1点のリードを継投で守り抜き、2位との直接対決に2勝1敗と勝ち越した。これにより、試合のない20日に西武が日本ハムに引き分けるか、敗れると、優勝へのマジックナンバー「24」が点灯する。

「この1勝は大きいんですけど、我々は常に勝ち越しを目指している。また1つそれをクリアできたと思う。今日は椎野くんが3イニングを投げてくれたことが大きかった」。試合後、工藤公康監督はこう1点差の勝利を振り返った。先発の松本裕が3回を投げ終えたところで腰の痛みを訴えた。2番手でスクランブル登板したのが、椎野だった。

 その椎野、4回を栗山、外崎、山川と3者凡退に封じると、5回、6回と3人斬り。3イニングをパーフェクトリリーフで封じ、勝利の方程式へと繋いだ。この日は甲斐野、モイネロ、森の3人で繋ぎ、高橋純を休ませた。指揮官は「純平くんはずっと頑張ってくれている、休ませてあげられるなら、というのはあった。それも椎野くんが3イニングいってくれたから休ませることができた」と好リリーフの右腕を称賛した。

 打線は1点ビハインドの3回、先頭の中村晃が二塁への内野安打で出塁すると、内川の中前安打で一、三塁にチャンスを拡大。ここでグラシアルが右犠飛を放って同点に追いついた。さらに4回、先頭の明石が中前安打で出塁し、甲斐の犠打などで三塁に進むと、福田の打席で松本航が暴投。ボールが一塁側に溢れる間に決勝のホームを踏んだ。「あれは判断は難しい」と、一瞬のスキを逃さなかった明石の走塁を褒めた。

 この日の勝利で優勝へのマジックナンバー点灯に王手をかけた。試合のない20日に西武が日本ハムに引き分けるか、負けると、マジック「24」が点く。「それは皆さんで楽しんでいただいて。我々は1つ1つ、目の前の試合を戦っていかないといけないので」と工藤監督。直接対決で大きな勝ち越しを掴んだソフトバンクが、優勝へスパートをかける。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)