〔交通事故死者日報〕5道県8人(8/19)

北海道・茨城で複数事故、長崎では2日連続発生

©株式会社レスキューナウ

警察庁交通企画課まとめによる交通事故死者日報によると、8月19日(月)付では5道県で8人が新たに確認されています。なお、1件が過去発生分の登録となっています。
各都道府県警察発表・報道等からの詳細は下記のとおりです。北海道で2件、茨城県で3件発生したほか、長崎県では2日連続の発生となりました。

【北海道】2人
・苫小牧市(06:55頃)
 市道で乗用車と歩行者の接触事故、80代女性が搬送先の病院で死亡〔北海道警/北海道新聞〕
・小平町(09:10頃)
 道道でダンプカーと軽トラックの正面衝突事故、軽トラックの70代男性が死亡〔北海道警/北海道新聞〕

【茨城県】3人
・水戸市(14:35頃)
 市道交差点でワゴン車と自転車の衝突事故、自転車の18歳男子高校生が搬送先の病院で死亡〔茨城新聞〕
・牛久市(20:25頃)
 市道で乗用車と道路横断者の接触事故、80代男性が死亡〔茨城新聞〕
・水戸市(22:25頃)
 県道交差点で軽乗用車とバイクの衝突事故、バイクの20代男性が死亡〔茨城新聞〕

【岐阜県】1人
・各務原市(11日17:30頃)
 トラックが道路脇の用水路に脱輪、運転していた70代男性が用水路に落下し死亡〔岐阜県警/岐阜新聞〕

【長崎県】1人
・雲仙市(06:30前)
 国道57号線で軽乗用車が横断歩道の歩行者と接触事故、80代男性が搬送先の病院で死亡。歩行者用の信号は赤だったか〔KTN〕

【大分県】1人
・佐伯市(09:30前)
 県道でトラックが道路横断者と接触事故、70代女性が搬送先の病院で死亡〔大分県警/OBS〕