夏の全国高校野球 明石商業が履正社と対戦

©株式会社 サンテレビジョン

夏の全国高校野球、兵庫代表の明石商業は大阪代表の履正社を相手に準決勝に臨みました。 夏は2年連続2回目の出場で準決勝まで勝ち上がった明石商業は、初の決勝進出をかけて強力打線の履正社と対戦。

初回、履正社は先頭の桃谷。 センターのフェンス上部に当たるあわやホームランの大飛球。 ノーアウト3塁として、続く2番のタイムリーで先制します。

さらにランナー1塁で5番、6番の連続タイムリーで明石商業の2年生エース・中森からいきなり4点を奪います。

その裏、悪い流れを断ち切りたい明石商業は、2年生のリードオフマン来田。 甲子園のセンターバックスクリーンに豪快に叩き込み、1点を返します。

その後、明石商業の中森は立ち直り、ランナーを許すも要所を締め味方の反撃を待ちます。 しかし強打の履正社は5回に1点を加えさらに9回。 1アウト満塁からタイムリーで2点を追加。

7対1と突き放します。 一矢報いたい明石商業。 9回ウラ1アウトから4番安藤がヒットで出塁します。 しかし履正社の2年生岩崎を最後まで打ち崩せずゲームセット。 初の決勝進出はなりませんでした。 初優勝を目指す履正社は、あさって決勝に臨みます。