さらば青春の光・森田が連ドラ初主演&脚本監修! 8人の「喪女」とドタバタ劇

©株式会社東京ニュース通信社

お笑いコンビ・さらば青春の光の森田哲矢が、10月24日にスタートする関西テレビの連続ドラマ「猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~」(木曜深夜0:55、関西ローカル)に主演するほか、全8話の脚本監修を務めることが決まった。

「喪女」とは、2ちゃんねるなどインターネット上で話題になった俗語の一つで、「異性と交際したことがない」「告白されたことがない」「異性と肉体関係を持ったことがない」など、いわゆる“モテない女性”を意味する。ドラマでは、それぞれに違った個性を持つ訳ありな“8人の喪女”を中心にストーリーを展開させ、彼女たちが「どんな喪女なのか」「なぜ喪女なのか」を解き明かし、その中で見えてくる背景や、主人公と彼女たちの出会いによって起こるさまざまなハプニングをコメディータッチで描く。

森田が演じるのは出版社の編集担当者・猪又進。そして、猪俣とコンビを組む人気急上昇中の若手女流作家・アカリ役をモデルで女優の岡崎紗絵が演じる。森田は「スピード感のある大阪らしい会話劇と、毎回登場する喪女役の方々が、本当に普段から喪女なんじゃないか?という個性派の方々ばかりなので、そこを楽しんでほしいなと思います」とアピール。岡崎も「アカリは自分をしっかり持っていて、人の目を気にせずわが道を突き進むパワフルでチャーミングな女の子。曲がったことが嫌いでズバズバ言うところが、潔くて気持ちが良いです(笑)。けれど根は優しくて人の気持ちをくみ取ることができる子なので、そこをしっかりと演じたいなと思います」と意気込んでいる。