山口紗弥加が「モトカレマニア」の恋愛小説家に!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系で10月にスタートする新木優子と高良健吾が主演を務める連続ドラマ「モトカレマニア」(木曜午後10:00、開始日未定)に山口紗弥加、小手伸也、田中みな実が出演することが決まった。

同作は元カレの存在を引きずり、“モトカレマニア”になった女の子の混乱と暴走と試行錯誤を描くもので、山口は新木演じる難波ユリカが愛読する恋愛小説の作者・丸の内さくらを、小手はユリカと高良演じる斉藤真が働く「チロリアン不動産」社長・安藤一朗を、田中は地元の北海道でコミュニティーラジオのパーソナリティーとして活躍しているむぎちゃんこと来栖むぎを演じる。そのほか、森田甘路、加藤虎ノ介、大地、井上翔太らが出演する。

山口演じるさくらの小説は甘酸っぱい切なさや繊細な恋愛描写が持ち味だが、実はその源泉は元カレとの思い出で、さくら自身もユリカと同じく根っからの“モトカレマニア”。心の奥底は素直な女性だが、防衛本能が強すぎるあまり、周囲への攻撃力が高くなってしまうかわいらしさをちょくちょく垣間見せる。

また、小手が演じる安藤は女性へのハラスメントを防止するため、女性とはお酒を飲みに行かない“ハラミ会”(ハラスメントを未然に防ぐ会)を結成するなど、リスクヘッジに敏感な男。だが自身の苦い恋の経験をもとに、男目線の恋愛アドバイスをマコチ(高良)に送るなど部下思いの一面ものぞかせる。そして、田中演じるむぎちゃんは地元・北海道を愛し、自分の仕事に誇りを持つ女性。高潔さゆえに気持ちを表に出すことができず、周囲に誤解されやすく、他人にどう思われても構わないという芯の強さを持つ。だがそれゆえに、仕事の目標と恋愛の間で揺れ動くことになる。