韓国、福島食材の安全対策で質問

東京五輪の選手団長会議

©一般社団法人共同通信社

新国立競技場周辺を視察するNOC選手団長会議の参加者ら=20日、東京都新宿区

 2020年東京五輪に参加を予定する国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)を対象に、20日に東京都内で始まった選手団長会議で、韓国のNOCを兼ねる大韓体育会が、福島県産食材の安全対策について大会組織委員会に質問した。発言は東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質の影響を念頭に置いたもの。関係者が明らかにした。会議は冒頭を除いて非公開だった。

 組織委は、厳しい安全基準をクリアした食品を提供するので「全く問題ない」との方針を改めて説明した。韓国側からさらに突っ込んだ質問はなかったという。