ピチカート・ファイヴ、7inch BOXのアートワーク公開! 小西康陽、野宮真貴、信藤三雄の直筆メッセージも公開!

©有限会社ルーフトップ

野宮真貴をヴォーカリストに迎えた、日本コロムビア時代のピチカート・ファイヴの名曲を、小西康陽完全監修でニューエディット&ニューミックスを行い、さらに全曲ニューマスタリングを施した、アナログ盤7inch BOXとCDアルバム「THE BAND OF 20TH CENTURY: Nippon Columbia Years 1991-2001」。渋谷系のヴィジュアルを一手に引き受けてきた信藤三雄氏が手がけた、アナログ盤7inch BOXのアートワーク が公開された。デザインは「スウィート・ピチカート・ファイヴ」のアルバムデザインを意識したもので、ピチカート・ファイヴの象徴的なアイコンとも言えるヴィジュアルだ。

今後もCDのジャケットや、7inch BOXの各スリーブジャケットも順次公開予定とのことで、今後も目が離せない。7inch BOXは、8/31(土)までの予約で早期予約特典のボーナスディスクをプレゼント。

同時に、今作発売に寄せた小西康陽、野宮真貴、信藤三雄の直筆コメントが、ピチカート・ファイヴの特設サイトで公開された。特設サイトではリリース情報や様々なコンテンツが更新されているので、こちらもチェックしてほしい。

さらに、野宮真貴のBillboard Live開催が発表された。2013年から毎年開催してきた「渋谷系を歌うシリーズ」も今年で7回目、今回はアルバム発売を記念し「野宮真貴、ピチカート・ファイヴを歌う。」と題してピチカート・ファイヴの曲のみを歌うライブとなっており、11/26(火)大阪、11/27(水)にブルーノート名古屋、12/4(水)、12/5(木)に東京で開催される。

また、小西康陽も10/11(金)に東京、10/15(火)に大阪で、ソロ・プロジェクト「PIZZICATO ONE」としてBillboard Liveを開催。どちらも見逃せないライブとなることは間違いない。

小西康陽

これぞ1990年代の音。できることならアナログ7inchでプレイしたい、と、ここ10年くらい考えておりました。こんな無謀なリリースは、たぶんこの先あり得ないはずですので、皆さまもどうか購入をご検討ください。なお、ピチカート・ファイヴは今後も再結成、再始動などはありませんので。

野宮真貴

ピチカート・ファイヴという「20世紀のバンド」の音楽が、マジックカーペットに乗って届きました。当時、自分たちの音楽が世界で一番かっこいい! と思いながら歌っていたけれど、今聴いてもその思いはまったく変わらない。世界中のたくさんの人に聴いてもらいたいです。

信藤三雄

PIZZICATO FIVEは、今でも世界中のアーティスト達に影響を与え続けているように、おもいます。きっと数年すると、PIZZICATO FIVEに対する評価はさらに上がりそうな気がします。たぶんPIZZICATO FIVEは、永遠に消えないPOPSの魔法でずーっと存在(アリ)し続けるでしょう。