ビヨンセが見せた最高峰のエンターテインメント! Nulbarich・JQがイチオシの「ライブ音源」紹介

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。「SONAR'S ROOM」のコーナーでは、月曜から木曜まで日替わりのアーティストが、今の自分たちの音楽に影響を与えたカルチャーについて語る。

8月19日(月)のオンエアでは、月曜担当のNulbarich・JQが登場。「JQが好きなライブ音源」をお届けした。

『Encore』を紹介した。

JQは、Jay-Zのライブが大好きでマディソン・スクエア・ガーデンで行われたライブを完全収録したDVD、『FADE TO BLACK』をよく観ているそう。

JQ:『FADE TO BLACK』を見たときにお客さんがずっとJay-Zのラップを歌ってるんですよ。それでJay-Zが好きなタイミングでDJがフェーダー下げたり、バンドでは音を止めたりしてるんですけど、会場ではお客さんもずっと一緒にラップして途中で抜いて言わせる、みたいなのがJay-Zのライブでは多いです。

続けて、「ヒップホップのよさはライブ」とJQ。

JQ:そういう熱い部分で言うと、バンドをアレンジして、トラックスタイルでやってるときよりも人が関わってる人数が多いのでラッパーの人たちもテンション上がるんですね。いつもより出してる声のピッチが上がっちゃって音源と全然違う声が出ちゃったりしてるんですけど、そういうのもすごくいいです。

そしてJQは、「ライブミックスっていうのはヘッドホンで聴いててもいいなぁと思いつつ、行ってないのにその空気が蘇る感じもあり、僕の中では貴重な存在かなと思います。」と熱く語った。