蓮沼翔太フィル、個性豊かなメンバーの「バラバラ具合」を揃えない理由【ライブ音源あり】

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)のワンコーナー「MUSIC+1」。8月19日(月)のオンエアでは、音楽家・アーティストの蓮沼執太が登場。現在の活動について語った。

■枠に収まらないミュージシャンの集まり

蓮沼は、広告、アート、ダンスや演劇の音楽制作など、幅広い分野で活躍している。総勢16名が奏でる現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ「蓮沼執太フィル」としても活動。「オーケストラというのは社会の縮図」と話す。

蓮沼:西洋の音楽ができたとき、トップにバイオリンがいてピラミッド型に組織されているのが基本でしたが、僕は現代の日本に住んでいて、アンサンブルを組むのはいろいろな人がいていいなと思っていて。ジャズやラップをやってる人、弾き語り、クラシカルな音楽をずっと勉強している人、いろいろな人で音楽を作りたいなと思っているので、メンバーはみんな個性がバラバラなんです。服とかもバラバラで見た目にも出るし、そういった雑味もむりやりそろえないで、みんな自由に演奏するというかたちでずっとやってきています。

番組では今年の「FUJI ROCK FESTIVAL '19」のライブ音源から、蓮沼執太フィル『ONEMAN』をオンエアした。

■蓮沼が偏愛しているものは?

J-WAVEでは7〜8月の期間「偏愛サマー」と題して、偏愛がもつ強い「こだわり」や「スキ!」を電波に乗せて、東京の夏を盛り上げている。

蓮沼が偏愛しているのはヒップホップ。そのなかでも、スパイク・リー監督の映画『Do the Right Thing』の劇中に使われたPublic Enemy『Fight The Power』をイチオシし、「あのスタイル・精神を僕も持ち続けたい」と話した。

蓮沼執太フィルは、8月25日(日)に日比谷野外大音楽堂にて「日比谷、時が奏でる」を開催する。前半は豪華ゲストと蓮沼執太フィルとの共演、後半はファーストアルバム『時が奏でる』全曲を演奏する。ゲストは、KAKATO(環ROY x 鎮座DOPENESS)、JAZZ DOMMUNISTERS(菊地成孔&大谷能生)、砂原良徳、中村佳穂、原田郁子、平山昌尚、Licaxxxだ。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、毎回話題のミュージシャンをゲストに迎えている。放送時間は12時30分から。お楽しみに。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone