東日本 22日(木)明け方まで非常に激しい雨 北陸は23日(金)も大雨

©株式会社ウェザーマップ

22日(木)午前9時の予想天気図[上]と明け方の降水量分布[下]

 東日本を中心に22日(木)明け方にかけて、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に非常に激しい雨が降る見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意が必要だ。
 
 前線が、朝鮮半島付近から西日本の日本海側を通り、東日本にのびている。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、東日本を中心に大気の状態が非常に不安定となっており、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降っている。
 このあと、22日にかけて前線はほぼ停滞するため、東日本を中心に22日明け方にかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込み。

<大雨・雷・突風>

予想される雨量(多い所)

 東日本では22日明け方にかけて、雷を伴って激しい雨の降るところがあり、局地的には非常に激しく降る見込み。

 22日夕方までに予想される雨量(多い所)
 北陸   120ミリ
 関東甲信 100ミリ

 土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意が必要だ。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要で、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めるよう心掛けたい。

 なお、23日(金)も、北陸を中心に大雨となるおそれがある。23日夕方までの24時間に予想される雨量(多い所)は、北陸で100~200ミリとなっている。