みんなのサマーセミナー1

兵庫県尼崎市 市報あまがさき令和元年(2019年)7月号

©株式会社VOTE FOR

今年は琴ノ浦高で開校!
みんなが先生、みんなが生徒学校ごっこの夏!

8月3日(土)・4日(日)に、まちのみんなで作る2日間だけの学校・みんなのサマーセミナーが開校します。300人を超えるまちの人がセンセイになり、誰でも生徒になることができます。今年は尼崎城や中央図書館も会場になります。夏の「学校ごっこ」をみんなで楽しみましょう!

■みんなのサマーセミナーって?
自分の得意なことや好きなことを「誰かに伝えたい」と思ったことはありませんか。伝えたいことがある人は誰でもセンセイに。学びたい人なら誰でも生徒に。子どもから高齢者まで、みんなが机を並べて学ぶ「学校ごっこ」。それがみんなのサマーセミナーです。

■あなたの学びが誰かの学びに
自分にとっては当たり前のことでも、ほかの人にとっては新たな「学び」のチャンスになるかも。みんなのサマーセミナーのセンセイたちは、まちのお店の人から主婦、住職、現役の学生、それから本当の学校の先生まで多種多様。ユニークなセンセイたちがあらゆるジャンルから集まり、自分の学びを伝えます。
生徒になる人にも、特別なルールはありません。時間割をチェックして、好きな授業を好きなだけ受講してください。空いた時間に、今まで興味がなかった分野の授業に参加すれば、新たな扉が開くかもしれません。
学びを活(い)かし活躍できる場が暮らしの中にある。それを面白いと応援する人がいる。みんなのサマーセミナーはそんな場所です。

■尼崎城と中央図書館も学校に
第5回目となる今回は、琴ノ浦高で初開催。学校の近くにある尼崎城と中央図書館も会場になり、お城に関する授業などが行われます。琴ノ浦高には、授乳やおむつ替えができるスペースもあり、小さな子ども連れでも安心して参加することができます。
詳しい時間割や授業の内容は、パンフレットや市のホームページ、みんなのサマーセミナーのホームページで確認してください。

◆どんな人が関わっているの?
◇高瀬悦子副実行委員長
今回、副実行委員長を務めています。第1回目と2回目は生徒として参加。いい意味で「とんでもない」授業ばかりで、全時間に出席する「皆勤賞」を達成しました。第3回目から実行委員として参加しています。
実行委員会には毎回新しい顔触れが集まるので、普段出会わない人と友達になれるし、知らなかった世界を知ることができるんです。「実行委員の自分たちも楽しもう」とサービス精神旺盛な「尼のサマセミ」。会場が尼崎城の近くなので、お城にちなんだ仕掛けも考えていますよ。多彩なセンセイ陣がそろっていますので、難しいことは考えずに、とにかく一度「出席」してみてくださいね。

◆どんなセンセイが授業をするの?
◇今年も授業を行います! 官浪伸次センセイ
楽しい文房具の世界を体験しよう!
対象:小学生以上の人
小学生があっと驚く授業を考えています
初めての授業で滑らかに切れるカッターを紹介した時、興味津々の小学生に「なんで?」って聞かれたんです。理由まで考えたことがなかったから、その場では答えられなくて。
これを教訓に、生徒がどんなことに興味や疑問を持つのか考えながら授業をするようになりました。子どもの好奇心に気付かされたなあ。
昨年度の授業前に食堂で「文房具の授業、面白いらしいよ」という声が聞こえてきた時は、「面白いらしいですよ」ってちゃっかり話に加わりました。立場を超えてセンセイと生徒がフラットな関係で交ざり合う、サマセミならではの体験でしたね。

ID:1017316