JR列車の車輪空転防止へ新対策 岡山支社がレールに草敷く初実験

©株式会社山陽新聞社

【写真左】車輪の空転を防ぐため、列車内で実験データを集めるJR西日本岡山支社の関係者ら=8日未明、新見市【同右】実験のため草を置いたレール

 ぬれた落ち葉などを踏んで列車の車輪が空転し遅れが生じるトラブルを防ごうと、JR西日本岡山支社が新たな対策に乗り出した。今月上旬、レールに草を敷いて列車を走らせ、空転が起きやすい状況を把握する実験を初めて実施。将来的には車輪の回転数を自動制御するシステムの導入を目指している。

 空転は落ち葉や草、虫、雨露などによって車輪が滑って起きる。秋から冬にかけて多いという。空転で列車が止まると、乗務員がレールに砂をまくなどして少しずつ前進させていくため大幅に遅れる。

 岡山支社によると、空転による30分以上の遅延は姫新線や伯備線など山間部を走る路線を中心に2014年度から5年間で計17件発生。17年度は1年間で10件起きたため、翌年度から運転士や車両整備の担当者らが、先行して空転の対策を進めているJR九州を視察するなどしてきた。

 岡山支社では、空転の発生を検知して自動的に車輪の回転数を調整できるようにする計画。今月8日の未明に新見市内の姫新線の上り坂で行った実験では、草を敷いたレールの上で車輪の回転数を変えながら列車を走らせた。

 この日、運転を担当した新見列車区の男性(36)は「ワンマン列車で車輪の空転がいったん起きると、レールに砂をまく作業などを全て1人でしなければならないので大変。空転を防ぐ対策が進めば助かる」と話す。

 岡山支社は今後、実験で得たデータから空転が起きにくい車輪の回転数を分析し、システム開発につなげる方針。「線路脇の樹木の伐採など他の対策も進めながら、定時運行と運転士の負担軽減につなげたい」としている。