声優 生井沢優太のコラム『一人飲み』<京成八幡駅>

©千葉テレビ放送株式会社

声優 生井沢優太のコラム『一人飲み』<京成八幡駅>

 みなさん!暑いですね!いかがお過ごしですか?もう夏も終盤ですね。
 たくさん思い出つくれましたか~?
 まだまだ暑い日が続きますのでお体には気をつけてくださいね!
 僕は地元の高校時代の友人と久々会って夏を満喫しました!

 さて今回、コラムで訪れたのは京成八幡駅です。

声優 生井沢優太のコラム『一人飲み』<京成八幡駅>

 ここ「八幡」は総武線、都営新宿線、京成線と色々な路線があり、かなりアクセスにも優れています。
 まずは京成八幡駅を降り散策を始めます。
 夕方で天気もよく絶好の「一人飲み」日和です。

 しばらく総武線八幡駅側へ歩いていくとたくさんの飲み屋が広がっている通りがあります。
 ワイン酒場に小料理店、バー...などなど。迷いますね・・・。。

 と、見つけてしまいました!

 店先には数々の日本酒の酒瓶が置いてあるお店。
 何を隠そう自分は日本酒大好きな男子なのです!

 最近「神酒ノ尊-ミキノミコト-」という日本酒を擬人化したコンテンツに参加させていただいて日本酒を学びつつ、日本酒を広めるお手伝いをさせていただいております。
 興味があるかたはぜひ「みきみこ」検索してみてください!

 そんな僕の前に現れた日本酒の酒瓶たち...。
 これは行くしかない!

 今回のお店は「日本酒BAL 新家-SHINKA-」さん

 入る前からテンションが上がります。
 階段を上がるとすぐに大きな「獺祭」の文字が!

 期待が高まります!
 店に入ると店員さんたちが心地よくカウンターに迎え入れてくれました。

 カウンターには男性一人、女性一人の先客がいらっしゃいました。

 男性の方は店長さんと日本酒談義で盛り上がり中。
 女性の方は備え付けテレビでクイズ番組を楽しそうに観ながら答えている。
 店員さんも巻き込みながら。。(笑)
 アットホームな空間です!

 お店は基本的に日本酒を推してはいますが、勿論ハイボール、ビールなどのアルコールも置いてあります。
 せっかくの日本酒BALなので一杯目から日本酒でいきたいと思います!!
 まずは「司牡丹」を飲むことにしました。

 まだ飲みきってないのに次どれを飲もうかな。わくわくしますね。
 まずは馴染むために(笑)テレビを観ていた女性の方と番組クイズに参加してみました。

 どんどん答えていく女性。クイズ好きなんですね。
 最終的には謎の一体感が生まれ(笑)男性の方も店員さんもみんなで協力。
 家のリビングに居るのかな?と錯覚するくらい楽しんでしまいました(笑)
 アットホームな空間です!(今回2度目(笑))

 和んだところで隣の男性の方にも話を伺ってみました。

 最初に店長とその男性の方は日本酒談義をされていただけあってよく「一人飲み」に行くそうだ!
 そこで「一人飲み」の先輩に、お客さん同士で仲良く話すにはどうやって話しかけているのか?うまくいくのか?を尋ねてみた。
 男性曰く、都心部よりちょっと郊外のほうが結構話してくれるらしい。
 元々関西に住んでいた方で関西の人はよく話すイメージがあるが関西でも都心部ではあまり話すことはないらしい。
 また「bar」だと店の暗黙のルールがあって、急に隣の人に話しかけたりすることはご法度!!という所もあるらしい。
 マスターがこの人とこの人は話が合いそうだな、なんて思ったときにマスター経由でお客さん同士話すこともあるそうだ。
 これを教えてもらわなければ、危なく「bar」に行ったときにガンガン話かけていたとろだった....。。
 ありがとう!男性の方、いやお兄さん....!

 ここで店長さんが飲み物を伺ってくれたので今度は店長さんと話をしてみる。

 店長さんはとにかく熱い男!
 熱量が高い!
 とにかく日本酒の知識がすごい!!(そりゃそうだ!!!すみません!!!)

 なにより好きなことがバンバン伝わってくる。

 教えてもらったのは超辛よりも上があり、とびっきりのほうが辛く、更に上があり数値化すると最大で28まであるそうだ!
 とびっきりですら15くらいなので飲んだらどんな感じなのか一度味わってみたいものだ。
 人によっては辛口の定義は変わってくるそうで場合によっては甘いと感じる人もいるそうだ。
 あとは自分の地元のお酒がおいしいと感じることがあるそうでなんでも水の関係もあるそうだ。
 生まれ親しんだ地域のお水はやや硬水だったり軟水だったりしていて若干違ってくるので、お酒もそれに応じて変わってくるのだそうだ。
 奥が深い...。「日本酒大好き男子」を名乗るには自分はまだまだ甘い!先は長い!
 日々勉強していきます!!

 今回ご紹介したのはほんの一部でしかないので、日本酒を学びたい方、日本酒について語りたい方は是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?
 また、お店の日本酒はどんどん入れ替わっていくそうなので、様々な銘柄を味わうことが出来ます。魅力的なお店です!

 店長さんから勧められるがままに楽しく日本酒を頂きました(笑)

 良い感じに酔わせていただき
 まだ飲んでいない豊富な日本酒たちに後ろ髪を引かれつつも....お店を後にした。

 そんな今回の「一人飲み」で聴きたくなった曲。
 iriのrhythmです。

 この曲を聴きたくなったのは、
 夏も終盤戦、そんな夏を名残惜しくも、ただ焦ったりするのではなく自分のリズムで進んでいく人たちと出会い、時の早さを感じながらも自分のリズムで一歩一歩着実に進んでいければいいんだと感じたからです。

 今回は自分の時間を大切にしてる人、そしてそのような場所を提供してくれるお店に出会えて本当に良かった!

 そしてまた素敵な出会いを求めて
 まだまだ生井沢の放浪の旅は続きます...。

 いかがでしたか?生井沢優太さんのプロフィールやこれまでのコラムをご覧になりたい方は、下記のリンクからご覧くださいね。それでは、次回をお楽しみに!

 声優長弘翔子さん・生井沢優太さんの”千葉”なコラム