ニューヨーク五番街トランプタワー前

オバマ街に改名?

©NEW YORK SEIKATSU PRESS, INC.

マンハッタンにあるトランプタワー前の五番街56丁目と57丁目の間を前大統領の名前を取って「バラク・H・オバマ街」に改名しようという呼びかけが行われ、嘆願署名サイトMoveOn.orgで8月19日までに約42万人が署名した。もし実現すればトランプタワータワーの住所は「オバマ街725番地」になる。

 呼びかけたのはトランプ大統領に不満を持つエリザベス・ローウィンさん(56)で、あるコメディアンの「トランプを怒らせる」ジョークから思いついて昨年10月に嘆願を開始した。最近になってネットで拡散し8月15日に25万人を突破、大手メディアが取り上げたことからその後数日で42万人にまでになっている。

 通り名変更はNY市議会の決定が必要だが、すでにローウィンさんは市議会に改名を希望する書簡を送っており、「検討したい」との返事をもらっているという。ロサンゼルスにはオバマ前大統領にちなんで名付けられた2つの通りがある。ただ、NY市議会では亡くなって2年以上経過していない人物名は付けない規則があるため、実現させるためにはこれを変える必要がある。

 トランプタワーのある4区選出のキース・パワーズ市議(民主党)は「オバマ大統領は最高の政治制度を具現化し、顕著な遺産を残しました。オバマ大統領は、ドナルド・トランプ氏の家の隣で尊敬されること以上に価値があります」と声明の中で述べている。