Snow Manの目黒蓮、亀梨和也をお姫様抱っこして大きく飛躍?!

©株式会社ドットレンド

2020年、CDデビューが発表された『Snow Man』の目黒蓮。5月にさいたまスーパーアリーナで行われた『合同ジャニーズIsLAND Festival』では、グッズ販売開始から1分たたないうちに個人うちわが売り切れとなり、ネットで話題になるなど、今後が注目されている。

個人うちわが1分で完売した目黒蓮とは?

目黒蓮は、2010年にジャニーズに入所してすぐ『ジャPAニーズHi!School(ジャパニーズ ハイスクール)』に参加。同ユニットが自然消滅して、しばらくユニットに属さず活動していたが、2016年に3人の『They武道』を母体とした新ユニット『宇宙Six』に新メンバーとして加わり、嵐のコンサートのバックなどに参加。『宇宙Six』の最年少としてメンバーに可愛がられていたが、2019年1月から兼任で加わった『Snow Man』のデビューが決まり、『宇宙Six』卒業が発表された。今年に入って、大きく運命が変わったJr.の一人だ。

ジャニーズタレントの中では184cmの高身長で、長い手足を生かしたダンスが目を引く。2017年11月号からメンズファッション誌『FINEBOYS(ファインボーイズ)』のレギュラーモデルになり、「モデルの仕事がしたい」という夢を有言実行で叶えた。クールなルックスの反面、後ろの列でにこにこ、おっとりしていた印象だが、滝沢歌舞伎に出演した際、滝沢秀明に「困ったときは目黒に頼めばなんとかなる」と言われたほど、根性がすわった努力家。本人曰く、自分の性格は明るく、プラス思考すぎるほどプラス思考だという。Johnny’s webのブログでは、まっすぐで嘘のない気持ちを長文で綴る熱血タイプでもある。

亀梨との初対面では震えるほど緊張

目黒がめきめきと変わっていったのが、2017年7月~10月に行われた亀梨和也のソロコンサート『KAT-TUN KAZUYA KAMENASHI CONCERT TOUR The一 ~Follow me~』に宇宙Sixとしてバックについたとき。『宇宙Six』のメンバー紹介と日替わりの一発芸のコーナー。

初めて会ったときには「中学生のときにドラマ『ごくせん』見ていました!握手してください!」と、亀梨に差し出した手が震え、亀梨の隣に座るだけで緊張していた目黒だが、コンサートの回を重ねるほどに「手をマッサージさせてください」「腰振りを教えて下さい」「亀梨くんはいい匂いだと聞いたので、匂いを嗅がせてください」と亀梨に猛烈アピールをしながら、徐々に距離を縮めていた。

さらには、「亀梨くんをお姫様抱っこする夢を見たので、お姫様抱っこさせてください」というお願いも叶えた。その後、楽屋に挨拶に行った目黒は、亀梨から「お前は俺を女にしたんだから、責任とって養えよ。俺が女だったら、養われたいから。だから絶対に売れろよ」と激励の言葉をもらったという。

亀梨宅の恒例新年会にも参加

亀梨のソロコンサートの開催中に連絡先を交換することに成功した目黒は、コンサート後にも距離を縮め、今年の正月には、恒例の「亀梨宅の新年会」にも、山下智久、河合郁人(A.B.C.-Z)ら亀梨と仲の良いジャニーズタレントたちと参加する関係になった。

嵐メンバーからも可愛がられ、滝沢の信頼も厚い目黒だが、亀梨との出会いがまた彼を成長させたといえるだろう。亀梨を先輩としてリスペクトし、ファンのように慕うピュアな姿、エピソードは、亀梨ファンからも広く受け入れられている。

(ライター/佐藤ジェニー)