「世界クライミング」優勝の楢崎智亜 動物の動き真似たアニマルフローの筋肉が凄い

©株式会社ジェイ・キャスト

東京・八王子で開かれているスポーツクライミング世界選手権で、きのう21日(2019年8月)に男子複合で楢崎智亜選手(23)が優勝し、東京五輪代表に内定した。女子複合は野口啓代選手(30)が内定しており、男女とも残る1枠を巡る争いは熾烈になりそうだ。

スポーツクライミングの複合は、「スピード(15メートルを登る速さを競う)」「ボルダリング(3つの課題をいくつこなせるか)「リード(6分間に登る高さを競う)」の3つの競技で競われる。

楢崎は肩甲骨など筋肉が柔らかく、可動域が広い。「アニマルフロー」という動物の動きを取り入れたトレーニングで、普段は使わない筋肉を鍛える。その映像を見た司会の加藤浩次は「すごいなあ」

弟・明智は5位――「兄弟で東京五輪出たい」

決勝には弟の楢崎明智選手も出場していたが、5位だった。

近藤春菜キャスター「僕が決まったから、次は弟を強くしたいと言ってましたね」

加藤「弟にしてみたら心強いよ」

兄弟でオリンピック出場があるかもしれない。

犬山紙子(エッセイスト)「少年ジャンプで、2人の物語を読みたい」

モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「アニマルフローだと、肩こりにならない」