「DVD=3」 イル・ディーヴォ『ライヴ・アット武道館2018』 国境も時代も超えた“タイムレス”な名曲の数々

©株式会社全国新聞ネット

イル・ディーヴォ『ライヴ・アット武道館2018』

 こんな手法もあったのか……! “イケメン外国人ヴォーカリストユニット”という、(私にとっての)新ジャンルに出逢ってしまった衝撃。彼らのセクシーさにおののいて、画面を直視するのに時間がかかってしまった。

 アメリカ、フランス、スイス、スペインという国際色豊かな4人によるヴォーカルグループ・IL DIVO(イル・ディーヴォ)。結成は2004年、これまでのアルバムのトータルセールスが全世界で3000万枚以上という超人気ユニットで、のびやかな歌の実力はもちろん文句なし。しかし、日本語版の動画が配信されるたびに「アイシテイマス!」なんて言っているから、アイドル的な観点で捉えてもいいんですよね…? と、少々関わり方に迷ってしまうのは最初だけだろうか。

 本作には、2018年にリリースされた2年半ぶり8枚目となるアルバム『タイムレス』を引っさげて開催された、武道館ライブの模様を収録。タイムレス、の名前のとおり、歌われるのは誰しも一度は耳にしたことのあるような古今東西の名曲の数々だ。会場全体を震わせるような歌声を響かせたそのすぐ後に、たどたどしい日本語MCの“ギャップ萌え”まで披露してくれて、本当にすごいサービス精神だなと感服してしまった。

 大人の余裕を見せつけられる、ゴージャスでマーヴェラスな一夜。ぜひ、子どもが寝静まったあとのリビングでこっそり(笑)堪能してほしい。

(ソニーミュージック・4630円+税)=玉木美企子