山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁が映画「二ノ国」でアニメーションの声優に初挑戦!

©株式会社東京ニュース通信社

山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁が映画「二ノ国」でアニメーションの声優に初挑戦!

映画「二ノ国」でアニメーションの声優に初挑戦した山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁。自身が演じたキャラクターや、思い入れのあるシーンを語り合う。

──まずは出演が決まったときの率直な感想からお願いします。

山﨑「僕は声優さんをすごく尊敬しているので、お話をいただいた時はびっくりしました。それに、この作品にも出演されている梶裕貴さんから『声優はやらないの?』って言われていたタイミングだったんです。挑戦したい気持ちもありましたし、脚本を読ませていただいたらとても面白くて、ぜひやってみたいと思いました」

永野「私は正直、自分でいいのかなという不安と、また一つ新しいことにチャレンジする緊張感があったんですけど、すごくきれいな映像の中で演じられることがうれしくて、頑張らないとなって思いました」

新田「賢人も芽郁ちゃんもこれまで一緒にお芝居をしたことがあるんですけど、こういう声だけのお芝居でまたご一緒できると知ってとても楽しみでした」

──山﨑さんは梶さんと交流があるそうですがどんなお話を?

山﨑「少しでもプロの方々が演じる雰囲気に寄せられたらと思って試していたんですけど、全然ダメで。梶さんとお話をしている中で、思うままにやればいいよと言ってくださって、それで吹っ切れた感じはありました」

──新田さん、永野さんは演じる前に何か参考にされました?

新田「小さいころ見ていた『名探偵コナン』の記憶くらいです。僕も思うままに自分の中でハルを育てて、演じました」

永野「いくつかアニメーション作品を見たんですけど、声の出し方がどれだけ大変か、自分でやってみるとすごく分かって。これは家で一人で練習してもしかたないなと思って、ボイストレーナーの先生に習いました」

──それぞれのキャラクターについて教えてください。

永野「コトナは明るくて物事をはっきり言う女の子なので、そういう意味では自分ともちょっとかぶっているところがあるからやりやすかったです。アーシャは姫なので、凛としているけどはかなさもあって。美しさを感じてもらえるよう演じました」

山﨑「ユウは、普段は一歩引いて頭で考えているような人物ですけど、根の負けず嫌いな部分はハルと似たものを持っていて。それが二ノ国に行くとどう変化していくのか…成長していくさまを声で表せたらと思いました」

新田「ハルは真っすぐで、純粋で、元気な男の子。強い芯がありそうに見えるけれど、弱さもあったりして。とても葛藤する姿を見せるキャラクターです」

──苦労した点は?

永野「映像の中では人物の距離がいろいろ変わるのに、演じる私たちのマイクとの距離は一定だから、想像より少し声を張らなきゃいけないところです。自分ではすごく遠くに呼びかけているつもりでも、近くに言っているように聞こえて…」

山﨑「確かに距離感は難しかったですね。高いところから落ちながら『アーシャ!』と叫ぶシーンとか、どういう声を出せばいいんだろう?って」

──印象的なシーンやセリフを教えてください。

山﨑「いっぱいあります。二ノ国で、自分の足で立てたシーンは現場で台本から結構変わったんです。夢なのかどうかよく分からない、泣きたいけどすごくうれしいという気持ちで。まっけんと二人でもやったんですけど、すごく印象的でした。あと、まっけんと永野さんそれぞれの感情が動いているシーンを現場で聞いたとき『ああ、いいなぁ』と思いました」

新田「僕は『俺はあいつを守るためだったら何でもする』。コトナの状況が変わって、ユウとハルの間に亀裂じゃないですけど…いろんなことが同時に起きている中でのセリフだったので、印象に残っています」

永野「やっぱり最後のシーンですね。大切な人だからこそ、相手のことを思ってかける言葉があって。その葛藤が映像からも伝わったので、私も声に込められたらと思って演じました」

【OUR MOVIE~ファンタジー】

山﨑「『二ノ国』みたいなパラレルワールド系の作品でいうと、『バタフライ・エフェクト』(’05)が好きです。“バタフライ効果”(小さな事象が因果関係の末に大きな結果につながるという考え方)をテーマにした作品で、過去にタイムスリップする能力を持った主人公の行動でどんどん運命が変わっていく話で」

永野「見てみたいです!」

山﨑「『二ノ国』の世界には命のつながったもう一人の自分がいるじゃないですか? 『バタフライ・エフェクト』も、一つの世界だけで完結せずに関係性がある中で変わっていくところが面白いなと思います」

新田「僕は『千と千尋の神隠し』(’01)。小さい頃、何度も何度も見た大好きな作品です。この前、坊の声優が神木隆之介くんだと知って、びっくりしました!」

永野「私もスタジオジブリの作品は全部見ました。中でも『となりのトトロ』(’88)が一番のお気に入りなんです。サツキとメイの姉妹関係がすてきだなって。私の飼っている猫の名前も『さつき』っていうんです」

【プロフィール】


山﨑賢人(やまざき けんと)
1994年9月7日、東京都生まれ。乙女座。A型。11月6日に主演映画「キングダム」のDVD/Blu-rayが発売。’20年には主演映画「劇場」、「ヲタクに恋は難しい」が公開されるほか、Netflixにて配信の「今際の国のアリス」で主演を務める。

新田真剣佑(あらた まっけんゆう)
1996年11月16日、ロサンゼルス生まれ。蠍座。B型。出演映画「東京喰種トーキョーグール【S】」が公開中。待機作に’20年公開の映画「カイジファイナルゲーム」、映画「サヨナラまでの30分」ほか。’20年3月より上演の舞台「地球ゴージャス 二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』」で主演を務める。

永野芽郁(ながの めい)
1999年9月24日、東京都生まれ。天秤座。AB型。近年の出演作に連続テレビ小説「半分、青い。」(’18年)、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(’19年)ほか。主演映画「君は月夜に光り輝く」のDVD/Blu-rayが9月18日に発売される。

【作品情報】


「二ノ国」
8月23日公開
製作総指揮・原案・脚本/日野晃博 監督/百瀬義行 音楽/久石譲 出演/山﨑賢人 新田真剣佑 永野芽郁 宮野真守 梶裕貴 津田健次郎ほか

頭脳明晰なユウ(山﨑)、バスケ部の人気者のハル(新田)、ハルの彼女コトナ(永野)は同じ高校に通う幼なじみ。ある日、突然何者かに襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、魔法世界“二ノ国”へと引き込まれ…。

【プレゼント】


サイン入り生写真を1名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募締切:2019年8月28日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」8/30号(P122)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://zasshi.tv/category/TVG

取材・文/秦野邦彦 撮影/藤本和典 ヘア&メーク/永瀬多壱(山﨑)、カスヤユウスケ(新田)、吉田美幸(永野) スタイリング/伊藤省吾「sitor」(山﨑)、櫻井賢之「casico」(新田)、鴇田晋哉(永野) 衣装協力/ダンヒル、ラッドミュージシャン(新田)