【ヨーロッパリーグ】長谷部&鎌田出場のフランクフルトがノーゴールで惜敗… ウルヴスはトリノとの打ち合いを制す

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

UEFAヨーロッパリーグプレーオフ1stレグが22日に行われ、各会場で熱戦が繰り広げられた。

【ヨーロッパリーグ】鎌田出場のフランクフルトが順当にプレーオフ進出! レンジャーズやウルヴスも次ラウンド突破を決める

長谷部誠と鎌田大地が先発出場を果たしたアイントラハト・フランクフルトは、アウェイでストラスブールと対戦した。ホーム&アウェイのプレーオフで失点は避けたいフランクフルトだったが、33分にCKにピンチを招き最後はケビン・ゾイに押し込まれストラスブールに先制点を献上。フランクフルトも必死の反撃でゴールを狙うも、0-1で痛恨の敗戦を喫し本戦出場に黄色信号が灯った。

フランクフルトがアウェイでノーゴール敗戦

【プレミアリーグ】ウルヴス戦でPKを失敗したポグバ… 成功率はリーグでも最低クラスの成績に

プレーオフ屈指の好カードなったウォルバーハンプトンとトリノの一戦は、互いの攻撃陣が活躍した点の取り合いとなる。前半終了間際にウルヴスがオウンゴールで先制すると、59分にはディエゴ・ジョッタのゴールで2点差に。直後にトリノに1点差に詰め寄られるものの、72分にはラウール・ヒメネスが追加点を挙げて勝負あり。3-2とウルヴスがアウェイで貴重な勝利を手にした。

ウルヴスがトリノとの点の取り合いを制す