「夏目友人帳」乗車券、今年も販売 くま川鉄道が千枚限定で

©株式会社熊本日日新聞社

「夏目友人帳」のキャラクターが花火を眺める様子がデザインされた、くま川鉄道の記念乗車券

 熊本県人吉市と湯前町を結ぶ第三セクター「くま川鉄道」は、人気アニメ「夏目友人帳」のキャラクターのイラストを使った記念乗車券の販売を始めた。夏目友人帳は県出身の漫画家、緑川ゆきさん原作で、人吉球磨をモデルにした風景や建物が多く登場する。

 記念乗車券は2012年から毎年販売。人吉の花火大会のポスターのイラストを使用している。今回は青井阿蘇神社で浴衣姿の主人公たちが花火を眺めている。今年の花火大会は台風10号の影響で31日に延期されており、同社の下林孝企画課長(49)は「記念乗車券を購入して、花火大会も楽しんでもらって、人吉球磨の魅力を知ってほしい」と話している。

 縦17センチ、横10センチの一日乗車券で1枚1200円。千枚限定で10月まで人吉温泉駅や同駅近くの「くま鉄ゲストハウスくまたび」などで販売する。インターネットでも購入可能。来年3月まで利用できる。同鉄道TEL0966(23)5011。(小山智史)

(2019年8月23日付 熊本日日新聞朝刊掲載)