花粉症薬の一部、保険外に

健保連、医療費抑制へ政策提言

©一般社団法人共同通信社

 健康保険組合連合会(健保連)は23日、高齢化に伴い急増する医療費の抑制に向け、政策提言をまとめ公表した。医療機関を受診して処方される花粉症薬のうち、同じような効果の市販薬で代替できる薬を公的医療保険の対象外とするよう求めることなどが柱。この場合、薬剤費を年597億円削減できると試算する。

 比較的薬剤費の高い先発品が処方されることの多い生活習慣病の薬について、同じような効果のジェネリック医薬品(後発薬)を優先的に処方すれば年3141億円減らせるとの試算も示した。後発薬の使用を促すため、健保連は「費用を加味した診療ガイドラインをつくるべきだ」と提言している。