元素周期表 歴史学んで 「発表150年」で巡回展 札幌

©株式会社北海道新聞社

巡回展の展示物で、原子が持つ電気を体感する小学生

 ロシアの化学者メンデレーエフが元素の周期表を発表してから150年となるのを記念した全国巡回展「国際周期表年2019」が、札幌市厚別区の札幌市青少年科学館(厚別中央1の5)で開かれている。

 メンデレーエフは1869年、元素を軽い順に並べると、化学的性質の似た元素が周期的に現れる法則「周期律」を見つけ、周期表を発表した。巡回展は日本化学会などが企画し、来年3月までに全国12カ所で開催予定で札幌は2カ所目。