生サンマ焼き 提供困難に 25日の大船渡イベント、漁の出足鈍く

©株式会社岩手日報社

初物サンマの振る舞いに大勢の来場者が並んだ昨年の祭り

 生サンマ、間に合わない-。大船渡市で25日に予定していた生サンマの炭火焼きを無料配布するイベントは、当日までに大船渡港への水揚げが見込めず、提供が困難な見通しとなった。

 イベントは、初さんまうにアワビ帆立かきホヤわかめ祭(未来蛸ノ浦(たこのうら)実行委主催)。同市赤崎町の下蛸ノ浦漁港広場で、来場者に8888匹の生サンマの炭火焼きを無料配布する予定だった。

 サンマ漁の出足は鈍い。20日に大型船の漁が解禁されたが、例年より漁場が遠く、漁獲が思うように進んでいない。漁船の移動時間を考慮しても、同港への水揚げは最短で来週月曜日以降の見込みだ。

 イベントは開催し、昨年漁獲した冷凍サンマを炭火焼きで振る舞う方向。今回で7回目となるイベントで、大船渡産生サンマが提供できないのは初めてとなる。