田中圭「おっさんずラブ」ファンに倍返し!

©株式会社シネマトゥデイ

ドラマ版のトリオ、林遣都、田中圭、吉田鋼太郎集結!

 俳優の田中圭が23日、都内で行われた『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台あいさつに登壇し、「おっさんずラブ」を愛してくれたファンに「倍返しをしなきゃと思い、なんとか恩返しできるものになったんじゃないかなと誇りを持っています」と待望の公開初日を喜んだ。

【写真】めっちゃ楽しそう!イベントの様子

 本作は、モテない独身ダメ男・はるたんこと春田創一(田中)、乙女心を秘めた上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ドSなイケメン後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係を笑いあり、涙ありで描いた大ヒットドラマ「おっさんずラブ」の劇場版。本社の新プロジェクトチーム「Genius7」のリーダー・狸穴迅(まみあなじん/沢村一樹)、第二営業所の新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)ら新キャラを加えた五角関係が展開する。

 本作のキャッチコピーでもある「ラブが、とまらない。」にちなみ、最近はまっていることの話題になると、吉田は「田中圭がとまらない」とし、「田中圭が、国民から愛された映画『男はつらいよ』シリーズで、渥美清さんが演じた寅さんの代わりになってくれるんじゃないかと思っている」と吐露。そして、「寅さんは誰かを好きになってフラれるけど、(『おっさんずラブ』は)圭がいろんな人から好きになられるというパターンで、田中圭の代表作にして、ずっとこの役を演じてほしい」とリクエストした。

 田中は、それに応えるかのように「おっさんずラブがとまらない」と回答。本作を通じて、スタッフ・キャストと出会えたことがうれしく、「ずっと一緒に仕事をしていきたい」と打ち明けると、「みなさん(観客)の中には『おっさんずラブ』の世界に出会えて本当に良かったと思っている人がたくさんいるのも知っているし、『おっさんずラブ』がこれから止まらないのだとしたら、どこまでも行けばいいのになという思いもある」と今後に意欲的な姿勢も見せ、ファンの期待をあおっていた。

 この日は、林遣都、内田理央金子大地伊藤修子児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和大塚寧々瑠東東一郎監督も来場し、にぎやかなトークを展開。

 はるたんの後輩・栗林歌麻呂役の金子は「眞島愛がとまらない!」と告白すると、ドラマ版でも話題となった眞島演じる武川主任の“足ドン”について、「撮影中に一人でいなくなるからついていったら、足ドンめっちゃ練習していて、もう(愛が)止まらないと思いました」としみじみ。すると眞島は「陰の努力は言わなくていい」とたしなめ、会場の笑いを誘っていた。(取材:錦怜那)

『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は公開中