ハマスタで長男投げつけた阪神ファン、書類送検

©株式会社神奈川新聞社

横浜スタジアム

 横浜スタジアム(横浜市中区)でプロ野球の試合の観戦中、抱きかかえていた長男(3)を他の観客に向かって投げつけたとして、加賀町署は23日、長男への暴行の疑いで、横浜市港北区に住む男性会社役員(51)を書類送検した。

 書類送検容疑は、7月2日午後9時5分ごろ、横浜DeNAと阪神の試合が行われた同スタジアム三塁側観客席で、長男を投げ飛ばした、としている。長男にけがはなかった。

 署によると、男性は阪神ファンで、横浜DeNAファンとやじを巡ってトラブルになったとみられる。男性は「観客に『早く帰れ』と言われて威嚇しようとした」といった趣旨の供述をし、容疑を認めているという。

 子どもを投げつける様子を写した動画がインターネット上で広まり、ニュースを見た男性が同4日、署に出頭した。