商品券事業など補正予算を可決

豊浦町議会8月会議

©株式会社室蘭民報社

 豊浦町議会は23日、定例会8月会議を開いた。1080万円を追加し、総額49億1130万円とする一般会計補正予算の議案1件を原案通り可決。各会計決算と国民健康保険病院事業会計決算の認定の議案2件を決算審査特別委員会に付託し、休会した。

 補正予算の概要は、プレミアム付き商品券事業に930万円、道路維持や除雪作業に使用する車両のタイヤ購入に140万円。議案に対し、一部議員が反対した。出席議員のうち、工藤敏和議長を除く6人で採決。4人が賛成し、可決した。 (池田勇人)