「24時間テレビ42」4人目のチャリティーランナーは水卜麻美アナ。第1走者の近藤春菜がスタート

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」(8月24日午後6:30~25日午後8:54)。メインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーに浅田真央を迎え、番組初となる東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。脚の不自由な少年が土屋太鳳と共に挑戦するスイス・アルプス登山やダンスが好きな義足の少女と大野智らによる総勢100人のダンスパフォーマンスなど、テーマに沿った感動の様子が次々と届けられている。

令和初となる今年の「24時間テレビ」チャリティーマラソンは、いとうあさこ、ガンバレルーヤ・よしこ、近藤春菜、そして放送中に発表された水卜麻美アナウンサーの4人のチャリティーランナーによる4時間駅伝形式という新しい試みで行われる。1区の近藤と2区のよしこは32.195km、3区の水卜アナとアンカーのいとうは42.195㎞を走り、ゴールの国技館へタスキをつなげていく。

「放送開始から駅伝スタートまでにテレビに映る出演者」と紹介されていた4人目ランナーは、スタート地点に応援に駆け付けた二宮和也の紹介で水卜アナだと発表された。総合司会を務めながら走ることになった水卜アナは「これまで『24時間テレビ』でいろんな方のチャレンジを見せていただいて、自分には何ができるだろうかとずっと考えていた。皆さんから日本テレビを支えていただいていることに感謝をしたい。それが走ることで伝わればいいと思います。理想は『ありがとうございます!』って言いながら走りたいです」と意気込んだ。

スターターを務めたのは加藤浩次。朝の情報番組「スッキリ」で加藤と一緒にMCを担当する近藤と水卜アナがランナーということもあり、加藤は「月曜日の『スッキリ』、俺1人でやるわ」と冗談めかしながら、スターターピストルを鳴らした。第1走者の近藤は気温27.4℃、湿度68%という条件下で、二宮や芸人仲間たちに見守られながら、午後8時半頃に関東近郊のスタート地から走り出した。国技館では、ものまねタレント・りんごちゃんが24時間駅伝の応援ソングとして、大友康平のものまねでHOUND DOGの「ff(フォルティシモ)」を力強く歌い上げた。