土屋太鳳が足に難病を抱える少年とスイス・ブライトホルン登頂を目指す!晴天のなかスタート

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」(8月24日午後6:30~25日午後8:54)。メインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーに浅田真央を迎え、番組初となる東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。いとうあさこ、ガンバレルーヤ・よしこ、近藤春菜、さらに先ほど発表された水卜麻美アナが24時間駅伝形式でタスキをつなげるチャリティーマラソンや、ダンスが好きな義足の少女と大野智らによる総勢100人のダンスパフォーマンスなどテーマに沿った感動の様子が次々と届けられている。

8月24日午後7時16分頃、女優の土屋太鳳と潜在性二分脊椎症と戦う北海道・札幌に住む少年・須貝蒼太くん(11歳)と母・有夏さん(37歳)がスイス・ブライトホルンの山頂を目指し、スタートした。

何にでも前向きに挑戦している蒼太くんだか、将来手術をすると自分の足で歩けなくなるかもしれない難病を抱えている。中でも登山が一番好きなため、「できるうちに登頂したい」とブライトホルン登山を決意。

国技館の櫻井翔がスイスの土屋に様子を聞くと、土屋は見渡す限りの白銀のブライトホルンから「現在、標高3800m地点のブライトホルンにいます。あちらに山頂が見えています!」と爽やかにリポート。また頂上の景色を楽しみにしている蒼太くんは、スタート前に「はい、万端です!」と元気良くコメントした。

土屋と蒼太くん一家は、山頂がしっかり見えるほどの青空が広がっている現地で、「絶対に登るぞ! エイエイオー!」と気合いを入れた後、国技館にいる浅田の掛け声によるカウントダウンで登山が始まった。一行は「出発!」と期待に胸をふくらませて、一歩一歩ゆっくりと歩み始めた。土屋も蒼太くんの後ろで一緒に登山し、その道のりをサポートしていく。