ノースフェイス SoHoに新コンセプト店オープン

©SEVEN AND EIGHT LLC

Photo by mashupNY

米アウトドアブランド、ノースフェイス(The North Face)がマンハッタンのソーホー(住所: 584 Broadway New York)に新たに店舗をオープンした。

新店舗は、同社のリノベーション戦略の一環で、商品陳列よりも、ブランドの歴史やコンセプトを顧客に伝えることを重視している。改装は全米やヨーロッパで2024年までに順次実施する。

直販部門のマーク・パーカー(Mark Parker)副社長は、声明で「便利な買い物体験だけではなく、ブランドの伝統にハイライトを当て、探検の準備にあたり、ブランドとより深く関わることができる環境づくりに焦点を当てた。」と語っている。

Photo by mashupNY

新店は1階と地下の2フロアで、売り場面積は約750平方メートル。内装には、FSC(森林管理協議会)認証済みの再生樹木やメタルなどを使用している。

入り口には、キャッチフレーズの「Never stop exploring」とともに、ジャケットやヒマラヤンスーツ、ダッフルバッグなどの定番商品がディスプレイされている。

1階には、バックパックやスーツケース、スーツケース、ジャケット、フーディなどがあり、奥にウィメンズコーナーを設けている。

Photo by mashupNY
Photo by mashupNY

ニューヨークのアーティスト、アダム・ルーカス(Adam Lucas)氏やエリック・ヘイズ(Eric Haze)、ロック・クライマーでノースフェイスのアスリート、レナン・オズターク(Renan Ozturk)がデザインしたオリジナルダッフルがディスプレイされている。(商品は非売品)

『MERU/メルー』に出演し『クレイジー・フォー・マウンテン』の撮影を担当したナショナル・ジオグラフィックのカメラマン、レナン・オズターク(Renan Ozturk)氏らがオープニングイベントに出席。
エリック・ヘイズ(Eric Haze)氏。Photo by mashupNY

登山家のコンラッド・アンカー(Conrad Anker)氏やロッククライマーのエミリー・ハリントン(Emily Harrington)氏の使用したバッグや寝袋、写真などがディスプレイされ、ミュージアムのような内装となっている。

Photo by mashupNY
Photo by mashupNY
Photo by mashupNY

店内奥には、大型テレビが備え付けてあり、リビングルームのようなスペースが設けられた。本棚ではアウトドアや登山用の書籍も販売している。

Photo by mashupNY

プラスチックボトルを再利用した素材など、サステナビリティーを意識した商品も。

Photo by mashupNY

ニューヨーク限定商品も販売する。

Photo by mashupNY

地下にはキャンプ用のテントや備品や、シューズなどを販売する。

Photo by mashupNY

__[The North Face SoHo](http://stores.thenorthface.com/ny/new-york/USA527/)
__住所:584 Broadway,New York, New York 10012