「24時間テレビ42」24時間駅伝の第一走者・近藤春菜が見事に完走!よしこにバトンタッチ

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」(8月24日午後6:30~25日午後8:54)。メインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーに浅田真央を迎え、番組初となる東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日24日には、松本潤が宮城・東松島市で披露した「東日本大震災から8年 天まで響け!復興の和太鼓」やフィギュアスケートの羽生結弦選手がアーティストの松任谷由実やピアニスト・清塚信也と共演することで話題となった「羽生結弦と松任谷由実 豪華コラボ 被災地・北海道に 春よ、来い」、相葉雅紀が主演を務めたドラマスペシャル「絆のペダル」など、感動の場面が次々と届けられた。

昨日8月24日午後8時半頃にスタートした「24時間駅伝」形式のチャリティーマラソン。深夜2時10分、第一走者を務めた近藤春菜が第二走者のガンバレルーヤ・よしこにタスキをつないだ。32.195kmを5時間41分2秒で完走した近藤は「とりあえず自分のところが終わってひと安心した。15kmぐらいまでは楽しめたけど、(練習でも走ったことのない)未知の世界に行ってからは『(タスキを)つなげて』という皆さんの気持ちが伝わってきた」と苦しみながらもタスキをつないだ心境を明かした。

一方、タスキを受け取ったよしこは、直前の取材で「春菜さんの苦しそうな姿を見て、頑張ってくれてるなぁと涙が出そうになった。(近藤が)後の走者に時間を作るために早く走ってくださっているので、それを無駄にせず、私も水卜麻美アナ、いとうあさこさんに時間を作れるよう頑張って走り切る」と決意を語った。