「24時間テレビ42」駅伝のタスキ、よしこから「今朝は飛び跳ねるぐらい元気」と明かす水卜麻美アナへ

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」(8月24日午後6:30~25日午後8:54)。メインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーに浅田真央を迎え、番組初となる東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日24日には、松本潤が宮城・東松島市で披露した「東日本大震災から8年 天まで響け!復興の和太鼓」やフィギュアスケートの羽生結弦選手がアーティストの松任谷由実やピアニスト・清塚信也と共演することで話題となった「羽生結弦と松任谷由実 豪華コラボ 被災地・北海道に 春よ、来い」、相葉雅紀が主演を務めたドラマスペシャル「絆のペダル」など、感動の場面が次々と届けられた。

近藤春菜、ガンバレルーヤ・よしこ、 水卜麻美アナウンサー、いとうあさこの4人が「24時間駅伝」形式でタスキをつなぐチャリティーマラソン。今朝8時8分、第3走者である水卜アナにタスキが渡り、颯爽と走り始めた。

「みんながついてる」と書いたタスキをかけて走ったよしこに、終盤は相方のまひるが肩をたたきながら伴走。そして5時間58分かけて32.195kmを見事に走り切ったよしこは、1区を担当した近藤やアンカーを務めるいとうらにねぎらわれながら、3区担当の水卜アナにタスキをつないだ。

スタート前に「昨日は早めにお休みをいただいたのに、緊張で1時間おきに目が覚めて。(周りからの)応援の声や、「鳴り止まない」というメッセージをもらって朝から飛び跳ねるぐらい元気!」と語った水卜アナ。チャリティーマラソンへの参加が放送当日発表となり、坂本トレーナーとの練習に加え、人目を避けて夜の自主練習を行ってきた。「24時間テレビ」の放送中に岩本乃蒼アナウンサーとの自主練習の様子も紹介。チャリティーランナーに決まってから2カ月の間、彼女の積み重ねてきた練習距離は265km。「積み重ねてきたものの自信はあります」と語る水卜アナは、42.195kmを走る。