嵐と3校のブラスバンド部が“応援歌メドレー”でスペシャルコラボ実現。ラストは「GUTS!」を生演奏

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」(8月24日午後6:30~25日午後8:54)。メインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーに浅田真央を迎え、番組初となる東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日24日には、松本潤が宮城・東松島市で披露した「東日本大震災から8年 天まで響け!復興の和太鼓」やフィギュアスケートの羽生結弦選手がアーティストの松任谷由実やピアニスト・清塚信也と共演することで話題となった「羽生結弦と松任谷由実 豪華コラボ 被災地・北海道に 春よ、来い」、相葉雅紀が主演を務めたドラマスペシャル「絆のペダル」など、感動の場面が次々と届けられた。

「嵐×高校生 ブラスバンド甲子園」の企画では、今年も熱き戦いを繰り広げた高校野球にちなみ、吹奏楽の応援合戦をメドレーで届けた。日本大学第三高等学校、八王子学園八王子高等学校、東海大学付属高輪台高等学校の3校が応援に駆けつけ、総勢184人でスペシャルコラボライブを生披露。

高校野球の応援に特徴のある3校。日本大学第三高等学校はドラムを使用、チアガールによるキレキレのダンスも特徴。八王子学園八王子高等学校はプラカードや傘などパフォーマンスにも力を入れている。東海大学付属高輪台高等学校は3校の中で唯一甲子園に出たことがないが、マーチング全国1位の一糸乱れぬフォーメーションを見せる。今回はそれぞれをうまく融合した見事なパフォーマンスで会場を魅了した。

懐かしの曲からスタンダード曲、最近の大ヒット曲まで、駅伝で走っている水卜麻美アナウンサーの応援を含めながらのパフォーマンスで盛り上がりを見せる中、最後の曲で嵐が登場すると会場の熱気は最高潮に。吹奏楽部の生演奏に乗せて、嵐の5人と各校のチアが息の合ったダンスで「GUTS!」を披露。目の前で甲子園が行われているかのような熱気で会場全体が一致団結、迫力満点のパフォーマンスで締めくくった。