「24時間テレビ42」4.2km遠泳、見事ゴール!瀬戸大也選手からサプライズプレゼントも!!

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」(8月24日午後6:30~25日午後8:54)。メインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーに浅田真央を迎え、番組初となる東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日24日には、松本潤が宮城・東松島市で披露した「東日本大震災から8年 天まで響け!復興の和太鼓」やフィギュアスケートの羽生結弦選手がアーティストの松任谷由実やピアニスト・清塚信也と共演することで話題となった「羽生結弦と松任谷由実 豪華コラボ 被災地・北海道に 春よ、来い」、相葉雅紀が主演を務めたドラマスペシャル「絆のペダル」など、感動の場面が次々と届けられた。

義足の齋藤暖太くん(11歳)、手足にまひがある小野奏人くんと双子の兄の海飛くん(15歳)、手足にまひがある戸口瑛莉衣さん(15歳)、同系バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」の遠泳部からサポート役として参戦した宮川大輔、中岡創一、みやぞん、さらにサプライズ登場となったリオオリンピック・競泳男子400m個人メドレー銅メダリストの瀬戸大也選手も加えた合計8人による鹿児島錦江湾横断遠泳企画。国技館では、乃木坂46が応援メドレーとして岡本真夜の「TOMORROW」と自身23枚目のシングル「Sing Out!」を歌った。

午後1時過ぎに桜島をスタートした8人は、最後は横一列に並んで支え合いながら、午後4時10分頃、対岸にゴールを果たした。リーダーの宮川は「最高でした。感動しました」と涙ながらに語った。最年少の暖太くんは「みんなで泳ぎきれてよかったです」と喜んだ。奏人くんは「楽しい4.2kmでした」と振り返り、双子の兄・海飛くんも「きつかったけど、みんなで支え合ったので楽しかった」と続いた。紅一点だった瑛莉衣さんは、サプライズで用意していたみんなへの手紙を読み上げた。

緊急参戦した瀬戸選手は、慣れない遠泳に「最初は怖かったけど、みんなで一緒だったので不安がなくなっていった。幸せだったし楽しかった」と話し、出場が内定している来年の東京オリンピックに向けて「パワーをもらったし、次は自分の番だなと。東京オリンピックでいい結果を出せるように頑張りたい」と気を引き締めた。最後に、瀬戸選手から子どもたちに金メダルがプレゼントされた。