櫻井翔「一緒に楽しめばいい」半身まひになった少女が華麗なピアノ演奏を披露!

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」(8月24日午後6:30~25日午後8:54)。メインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーに浅田真央を迎え、番組初となる東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日24日には、松本潤が宮城・東松島市で披露した「東日本大震災から8年 天まで響け!復興の和太鼓」やフィギュアスケートの羽生結弦選手がアーティストの松任谷由実やピアニスト・清塚信也と共演することで話題となった「羽生結弦と松任谷由実 豪華コラボ 被災地・北海道に 春よ、来い」、相葉雅紀が主演を務めたドラマスペシャル「絆のペダル」など、感動の場面が次々と届けられた。

櫻井翔がサポートする企画「どうしても奏でたい! 半身まひとなった少女のひと夏の挑戦」で、11歳の少女・濱本彩菜ちゃんがピアノ演奏に挑戦。母・洋子さん(50歳)の勧めでピアノを始めた彩菜ちゃんだが6年前に脳梗塞を発症し、右半身まひの後遺症が残ってしまったためピアノを断念。両親は異変に早く気付いてあげられなかったことを悔やむも、彩菜ちゃんがいつも笑顔で前向きな姿勢でいることに救われたという。

今回、彩菜ちゃんは再びピアノに向き合うことに。演奏に選んだ曲は、家族で見に行った大好きな映画「千と千尋の神隠し」より「あの夏へ」。練習を始める前は「『ピアノをやろう』と誘ってくれた母を喜ばせたい」と笑顔で意気込みを語る。しかし、いざ練習を始めると思うように指が動かなかったりリズムが乱れたりと大苦戦。母の前では弱音をはき、いら立ちをぶつけてしまう彩菜ちゃんに、櫻井はあたたかく寄り添い練習を重ねていった。

大勢の観客が見守る会場に登場した彩菜ちゃんは、緊張した表情。櫻井に「一緒に楽しめばいいだけですから!」と肩を抱かれ先導されながらピアノの前へ。いよいよ演奏が始まると、優しくも力強い、美しい音色が会場中に響き渡った。櫻井も左手で伴奏に参加し息を合わせて旋律を奏でた。

演奏が終わると2人は安心したように満面の笑みでハイタッチ。あたたかい拍手に包まれた。櫻井は「左手で演奏して、左足でペダルを踏んでるんですね。重心が左にかかっているからバランスをとるのがめちゃくちゃ難しいんです。ここに至るまで彩菜ちゃんがどれだけ練習したか、ご家族のサポートがあったか。こんな奇麗な音色をお母さま、お父さまに届けられて、横で感動しながら聞いていました。よかったね」とねぎらった。