二宮和也もトーク力に驚き!御嶽海&竜電がダーツの旅的インタビュー

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」(8月24日午後6:30~25日午後8:54)。メインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーに浅田真央を迎え、番組初となる東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日24日には、松本潤が宮城・東松島市で披露した「東日本大震災から8年 天まで響け!復興の和太鼓」やフィギュアスケートの羽生結弦選手がアーティストの松任谷由実やピアニスト・清塚信也と共演することで話題となった「羽生結弦と松任谷由実 豪華コラボ 被災地・北海道に 春よ、来い」、相葉雅紀が主演を務めたドラマスペシャル「絆のペダル」など、感動の場面が次々と届けられた。

本日午後6時30分頃には「令和ニッポン ダーツの旅的全国1億人インタビュー」に角界から御嶽海と竜電が登場。日本各地にお邪魔して、皆さんに「新たな時代の目標」や「会いたい人」など、今年のテーマ「人と人」にまつわる質問を突撃インタビューした。

2人の行き先は長野県伊那市。長野県出身の御嶽海と山梨県出身の竜電は、共に出身地近くの場所ということで頭からハイテンション。第一町人の80過ぎのおばあちゃんとおじいちゃん夫婦に遭遇すると、早速この先の「夢」について質問する。「このくらい(の年齢)にきたらバサッといきてえな」と語ったおじいちゃんは、加えて「お相撲さんに会うのは久しぶりだね!」と喜びをあらわに。するとおばあちゃんは「初めてだよ!」とツッコミを入れ、爆笑する2人だった。

さらに、ブルーベリー農家のご夫婦に遭遇した2人は、カメラが追いつかないスピードで農園に侵入。「ブルーベリーうまい!」と目にもとまらぬ速さで爆食いをスタートする2人だったが、お父さんから「ブルーベリーは1粒ずつ食べてもしょうがない、一度にぱって食べないと」と促され、お相撲さんの大きな手のひらいっぱいのブルーベリーを頬張った。「令和の目標」を問われたお父さんは、「もうちょっと農園をやりたい。それには健康でいないと」とコメント。ただ、「世間じゃブルーベリーを食べたら目が良くなると言われてるが、俺はいっこも老眼がよくならねえ!」との自虐ネタを披露した。

他にも、昆虫採集帰りの小学生や、91歳のおばあちゃんなどに遭遇した2人は、硬式テニス部の練習にもお邪魔する。「ちょっとやっていいですか?」と、初めてのテニスで女子ペアを相手に1ゲーム先取の対戦をすることになるが、両者には当然かなりレベル差があり、先手を打たれてしまう。さらに、女子ペアは得点を挙げるたびに掛け声として「はぁい」とハイタッチ。「はぁい、言いたいじゃん!」とムキになる2人は、無事に1点得点し念願の「はぁい」を決めたが、その1点のみで大敗した。「テニスは無理!」と実感した2人があらためて女子ペアに目標を聞くと、1人が「おいしいものをいっぱい食べたい」と回答。それを聞いて「食べさせてあげたい」と、勝負に負けたにもかかわらずデレデレになる2人だった。

その後も、相撲と総合格闘技をやっている女の子から御嶽海がおなかにパンチを受けたり、2人を見て号泣してしまう4歳の女の子や、「かわいいね~」となでてくるおかあさんなどと遭遇し、伊那市の皆さんと濃密な時間を満喫。VTRを見終わって、二宮和也が2人のトーク力に「いつもこんなにしゃべるんですか? 地元だと自然と会話が弾む?」と問うと「うれしくてついつい口が走っちゃいます」と地元ならではのリラックスした状態であったことを明かすと、感心した様子の二宮だった。