「24時間テレビ42」イモトアヤコ&小学生301人、心を一つに長縄跳びでギネス記録更新に成功!

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」(8月24日午後6:30~25日午後8:54)。メインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーに浅田真央を迎え、番組初となる東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日24日には、松本潤が宮城・東松島市で披露した「東日本大震災から8年 天まで響け!復興の和太鼓」やフィギュアスケートの羽生結弦選手がアーティストの松任谷由実やピアニスト・清塚信也と共演することで話題となった「羽生結弦と松任谷由実 豪華コラボ 被災地・北海道に 春よ、来い」、相葉雅紀が主演を務めたドラマスペシャル「絆のペダル」など、感動の場面が次々と届けられた。

昨日行われた「人と人チャレンジ『長縄ギネスチャレンジ』」。東京都・両国国技館に集合した夏休み中の小学生301人と、イモトアヤコの総勢302人が、心を一つにし、大縄跳びに挑戦。この人数で12回以上跳べればギネス認定となるチャレンジだった。

ギネスの認定をもらうため1日に挑戦できる回数はたったの3回。ステージに登場した公式認定人からの事実を知らされ緊張感の漂う中、長縄の回し手の掛け声が響き、いざスタート。1回目、2回目のチャレンジでは1回も跳べず、一瞬児童たちは不安な顔に。そして、ステージ上の出演者や観客に見守られながら、3回目の挑戦が始まると、一同は集中し直し、見事に12回跳ぶことに成功した。12回目の跳躍が終わると、会場からは割れんばかりの拍手が響き、イモトや児童たちも満面の笑みで喜んだ。ギネスワールドレコーズジャパンの公式認定員の審査により、見事ギネス記録を更新することができた。