保木、小林組は敗れて銀メダル

©一般社団法人共同通信社

 【バーゼル(スイス)共同】バドミントンの世界選手権で男子ダブルスの保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)はムハンマド・アーサン、ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア)に1―2で敗れて銀メダルだった。