ヤンキースが3発でカーショウ撃破 月間HR新記録樹立

©MLB Advanced Media, LP.

【ヤンキース5-1ドジャース】@ドジャー・スタジアム

前日の試合で月間58本塁打のメジャー記録に並んだヤンキースは、ドジャース先発のクレイトン・カーショウに3本のアーチを浴びせ、メジャー新記録を樹立。試合終盤にもリリーフ陣から追加点を奪い、ドジャースに5対1で勝利した。ヤンキース先発のドミンゴ・ヘルマンは、6回85球を投げて5安打1失点と安定したピッチングを見せ、両リーグ最多となる今季17勝目(3敗)をマーク。一方、ドジャース先発のカーショウは、3本のソロアーチで3点を失い、7回4安打3失点で今季3敗目(13勝)を喫した。なお、試合前の練習中にファンと本塁打を打つ約束をしたヤンキースのアーロン・ジャッジは、3回表に16号勝ち越しソロ。ファンとの約束を見事に果たしてみせた。

初回にDJレメイヒューの22号先頭打者アーチで先制したヤンキースは、これが今月59本目のホームラン。1987年5月のオリオールズと1999年5月のマリナーズを上回り、月間最多本塁打のメジャー記録を更新した。1回裏にヘルマンがジョク・ピーダーソンに26号先頭打者アーチを浴びて1対1の同点に追い付かれたものの、3回表にはジャッジがファンとの約束を見事に果たす16号勝ち越しソロ。6回表にはマイク・フォードにも6号ソロが飛び出し、リードを2点に広げた。8回表にはドジャース2番手のペドロ・バイエズからフォードがタイムリー二塁打を放って4点目。9回表にはドジャース3番手のアダム・コラレックから無死二塁のチャンスを迎え、ジオ・ウルシェラのタイムリーでダメ押しの1点を追加した。今月の本塁打数を61本としたヤンキース。今月はまだ5試合を残しており、記録がどこまで伸びるか注目だ。