藤井七段、初のリーグ入りに王手

将棋王将戦、中村七段破る

©一般社団法人共同通信社

藤井聡太七段

 将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は26日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第69期王将戦2次予選3組の準決勝で前王座の中村太地七段(31)を破って決勝に進み、初のリーグ入りまであと1勝とした。9月1日、永世名人の資格を持つ谷川浩司九段(57)と対戦する。

 対局を終えた藤井七段は「(谷川九段とは)初対局なので、しっかりコンディションを整えて臨みたい」と話した。

 タイトル戦で、年内に挑戦者になる可能性があるのは王将戦のみとなっている。王将戦は1次、2次予選突破者とシード棋士の計7人でリーグ戦を行い、渡辺明王将(35)への挑戦者を決める。