海外で働きたい!夢を叶えるためにまず始めたい3つの準備

©シーエーメディアエージェンシー/ハニーコミュニケーションズ

海外で働くためには何から始めたらよいのか

グローバル化が進む現代。就職のチャンスは日本だけでなく世界中に広がっています。

 

私自身、海外OLに憧れ日系CA(客室乗務員)から転職をしましたが、実際に働いてみて、様々な国出身・色々なバックグラウンドを持った人と出会える、効率重視で残業時間が短い、ON/OFFがはっきりしているなど、海外で働いて良かったと思うことがたくさんあります。

 

しかし、「海外で働いてみたい」と思いつつも、どうしたら海外で働くことができるのか、何から始めたら良いのかが分からず、結局何も進まずに時間が過ぎてしまう、という人も多いと思います。

 

今回は海外就職を叶えた私が思う、海外で働くためにまず準備したい3つの大切なことを紹介します。

 

1. 海外に行く目的を明確にする

 「どうして海外に行きたいの?」

 

この質問に明確に答えは出せるでしょうか。理由は色々と思いつくものの、「これ!」という理由に絞ることができず、あやふやになってしまっていませんか。

 

海外に行きたいと強く思うならば、明確な「海外に行きたい理由」を答えられることが理想です。なぜなら、その理由はあなたが海外就職に向けて行動をする上での重要な軸となるからです。

 

友人や相談相手が、その理由を聞いて心から応援してくれるかもしれません。海外就職を経験したことのある人が、何かリアルなアドバイスをくれるかもしれません。

 

就職面接の際にもその「明確な理由」は、意気込みを伝える重要なポイントとなります。

 

私の場合は「シンガポールで英語と中国語を磨きたい」というシンプルなものでした。それを軸に英語を駆使する環境を求めて、アジア向け営業のポジションに就職、その後日系企業から現地企業へと転職することとなるのです。

 

実際に海外に来て、新しく友人と出会うカジュアルな場でも、なぜシンガポールに来たのかは必ず聞かれます。明確な理由があれば会話も盛り上がりますし、そのたびに自分の目的を再認識しては初心に帰るような気持ちになれるのです。

 

2. 自分の強みと弱みを明確にする

海外就職に挑戦する前に、一度しっかり整理しておきたいのが、自分自身の強みと弱み。

 

海外の企業では、明確な業務内容や求める人材像が明記され、候補者の特定のスキルを評価して採用に繋げていることが多いように感じます。

 

そのため、自分の強みを把握して、ここがこの業務に活かせる、と筋の通った自己アピールをすることが非常に有効なのです。

 

また、自分のどんなところを改善していきたいか、高めていきたいのか、という事もよく聞かれます。そこで、自分の弱みを素直に伝えられて、ポジティブに解決策を語ることが出来れば面接の印象も良いものとなるでしょう。

 

海外就職を志すことを機に、自分の社会人生活を振り返り、自身の強みと弱みを把握しておくことは、今後のお仕事生活においても貴重な機会です。

 

次のページ:海外転職ならでは!国内の転職活動にはない重要な点

 

3. その国にいる自分をイメージする

働きたいと思える国がある人は、まずはその国の暮らしの事を調べて、イメージを持つようにしてください。

 

その上で、自分は海外の生活に飛び込んでいけるのか、慣れない事にも耐えていけるのか、自問自答することは必須です。

 

今は海外生活についても様々な情報が溢れているので、自分の属性に近い人が果たしてどんな暮らしをしているのか、想像がしやすいと思います。

 

私の場合は、転職エージェントの担当の方に「シンガポールに住む場合、家賃が高いのでシェア生活が一般的ですが、その点は大丈夫ですか?」と質問されたことがありました。

 

日本でもシェア生活の経験があった私は「問題ありません。」と即答することが出来ましたが、これは共同生活に抵抗のある人ならば、受け入れ難いことかもしれません。

 

多少の違いや不便さも、現地に行ってしまえば簡単に乗り越えられてしまうことの方が多いと思いますが、事前に知っているのと知らないのでは、心の準備が変わってきます。

 

海外に住んだら、海外で働いたら、というイメージトレーニングは、さらに自分のモチベーションを上げてくれるはずなので、少しずつでも始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

それでも海外で働きたい!と迷わず答えられる気持ちづくりを

海外で働くために今の環境から飛び出すことは、国内の転職よりも勇気と覚悟を必要とすること。

 

しかし考えているうちに色々と不安になって、結局行動に移せず終わってしまうのは、非常にもったいないことだと思います。

 

根拠もなく諦めてしまう前に、この3つのことをじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

 

それでも海外で働きたい!という気持ちを持ち続けることが、その後の海外就職のプロセスを乗り越えていくための、大きな糧になるはずです。

 

海外で働きたいという気持ちが少しでもある方は、いますぐ準備を始めてみてください!