milet、『偽装不倫』に胸キュン! 主題歌『us』のサビで挑戦したこと

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。8月25日(日)のオンエアでは、シンガーソングライターのmiletが登場。デビュー後の活動や、3rd EP『us』について語った。

【radikoで聴く!miletの忘れられない夏】(2019年9月1日28時59分まで)

■初体験尽くしで忘れられない夏に

デビューから半年が経ったというmiletは、この半年の間で様々な経験をしたそうだ。そのひとつが、先日『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出演したこと。

milet:初生放送で歌うのは、やっぱり妙な緊張感があって、冷や汗をかきますね(笑)。ずっとテレビで観ていたあのスタジオに行って、夢のようなアーティストのみなさんと共演できたのが、もう感動しました。
クリス:タモリさんにお会いするのも初めてでしょ?
milet:初めてお会いしました。
クリス:感動的じゃない? タモリさんと初めて会うときっていうのは。
milet:「ホントに実在するんだ!」って思いました(笑)。

大舞台はそれだけではなく、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」と「SUMMER SONIC 2019」にも出演した。

milet:これもまた初めての夏フェスでしたし、観に行くこともなかったので、初夏フェスで初出演でした。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」は外のステージで、初めて外で歌ったので気持ちよかったです。「SUMMER SONIC 2019」は朝一のオープニングアクトだったんですが、朝10時くらいからみなさん集まってくださって。後ろのほうまで人がいっぱいだったので本当に感動しました!
クリス:特にこの夏は思い入れがすごいですね?
milet:すごかったです! 忘れられない夏です!

■「好き」という言葉が苦手だったけど…

miletは、8月21日に3rd EP『us』をリリース。『us』はドラマ『偽装不倫』の主題歌にもなっている。原作の漫画とドラマの脚本を合わせて読みながら書き下ろしたそうだ。

milet:『偽装不倫』というタイトルですけど中身はすごくポップで明るいラブストーリーで、「それにピッタリ合うように作ってください」っていうことだったので、初めてアップテンポでポップなラブソングを作ってみました。

そう語る一方で、今まで自分から告白したことがなく、「好き」と言った経験もないというmiletは、「好き」という言葉が苦手だったとも話した。

milet:「どうしよう……」って思ってたんですけど、漫画と脚本を読んでいたら、今までにない感覚に陥ってしまいまして。乙女心みたいなものが芽生えて、キュンキュンしながら思わず「好き」って言える感覚になったんです。
クリス:「こんな気持ちだろうな」と?
milet:「言いたくてしかたない!」みたいな主人公の気持ちが伝わってきて、「この気持ちだ!」って思って、思い切ってサビのド頭に入れました。

今回のEPは『us』も含めて、『Diving Board』『Rewrite』『Fire Arrow』の4曲入り。『us』以外の3曲への想いについては、こう語った。

milet:『us』を聴いて私のことを知ってくださった方が、このEP全体を通して聴いて「miletってどういう人なんだろう」とか「他にどういう曲を歌うんだろう」っていうのを分かるようなものにしたいと思いました。

「ぜひ『us』を聴いてから『Fire Arrow』を聴いてほしい」とこだわりを語ったmilet。ぜひチェックしてみてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年9月1日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/