LEO今井、連載型対談企画動画の第二弾「LEO今井×前野健太 試聴対談」を公開!

©有限会社ルーフトップ

LEO今井が、 自身のバンドLEO IMAI [LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一]と、 人間椅子、 eastern youth、 ZAZEN BOYS、 前野健太、 呂布カルマを相手に全国五都市を巡る、 強靭な自主企画ツーマン「大都会ツアー」。 さらに同ツアーから派生したカバーEP「6 Japanese Covers」を連動させた、 連載型対談企画動画の第二弾である「LEO今井x前野健太 試聴対談」を自身のYouTubeチャンネルで公開した。

対談動画内では、 LEO今井が自身のバンドLEO IMAIでカバーした「ファックミー」を原作者である前野健太と試聴。

前野健太が、 2010年に「ファックミー」という日本語の言葉や響きに可愛気やポップさを感じ、 このフレーズ自体が歌だと確信して制作した本楽曲。 歌っていく中でどんどん様々な感情が盛り込まれ、 変化をしていっている楽曲となっていることを語っている。 LEO今井はカバー制作時に、 言葉の持つ破滅感や嘆きを感じ取り、 楽曲のキー、 メロディーとストーリーはそのままに、 ロマンチックに破壊していく大胆なアレンジ変更を行い、 ヘヴィーな「ファックミー」を完成させたことを告げる。

まさに、 原作者とカバーする者の楽曲の解釈の相違が、 新たに原曲「ファックミー」そのものが持っていた懐の深さに気づかせるところが非常に興味深い内容となっている。 また、 対談内では、 LEO今井自主企画ツーマン「大都会ツアー」の初日でもある、 8/30(金)大阪UMEDA SHANGRI-LAでのLEO IMAI x 前野健太公演で、 LEO IMAIのバンドアレンジヴァージョンの「ファックミー」で両者が共演することを約束。 「一夜限り」とLEO今井が豪語するこのツーマンツアーは、 見逃せない夜になること間違いない。

表現やスタイルは違えど、 音楽の可能性の根底に流れる無意識の感覚的共感が、 参加するバンド、 アーティストのみならず、 オーディエンスにも必ず存在する筈だ。 ぜひ、 この両者によるツーマンライヴを観に来て欲しい。