行く夏惜しむ4千発、華やかに 阿賀野川河口「ござれや花火」

©株式会社新潟日報社

華やかに夜空を彩ったござれや花火=25日、新潟市北区松浜本町4

 晩夏の夜空を彩る「阿賀野川ござれや花火」が25日、新潟市北区と東区の阿賀野川河口で開かれた。豪快な花火が次々と打ち上がり、大勢の観客を魅了した。

 両区の自治会などでつくる協賛会が主催し45回目。会場近くの河川敷は観客で埋め尽くされた。

 花火は全部で約4千発。市内最大級という2尺玉のほか、色とりどりのスターマインが夜空を覆うように広がると、どよめきや拍手が起きた。

 新潟医療福祉大学(北区)の学生が住民との絆をテーマに考案した花火や、亡くなった祖母に孫たちが贈った花火など、メッセージ性の高い花火も上がった。

 新発田市出身で友人と見に来た埼玉県の作業療法士(26)は「とてもきれいだった。友達に会えたし、新潟に帰ってきたと感慨深い気持ちになった」と満足そうに話した。