「24時間テレビ42」浅田真央が耳の不自由な子どもたちと息の合ったタップダンスを披露!

©株式会社東京ニュース通信社

8月24~25日に日本テレビ系で放送された「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」。メインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーに浅田真央を迎え、番組初となる東京・両国国技館からさまざまな企画をおくった。松本潤が宮城・東松島市で披露した「東日本大震災から8年 天まで響け!復興の和太鼓」やフィギュアスケートの羽生結弦選手がアーティストの松任谷由実やピアニスト・清塚信也と共演することで話題となった「羽生結弦と松任谷由実 豪華コラボ 被災地・北海道に 春よ、来い」、相葉雅紀が主演を務めたドラマスペシャル「絆のペダル」など、感動の場面が次々と届けられた。

25日午後7時30分頃には「浅田真央と耳の不自由な子どもたち ともに刻むタップパフォーマンス」を放送。浅田は東京都立立川ろう学校の生徒18人と、WANIMAの「やってみよう」に合わせ、世界的タップダンサー・HIDEBOHの指導の下で、日々練習に励んだタップダンスを披露した。

練習は7月中旬からスタート。1週間でタップシューズに履き替えることになったが、音でリズムを合わせられない生徒は苦戦を強いられることに。しかし、視覚を頼りにすると踏めないステップもあり、音の大きさを光に変換するインターフェイス「Ontenna」を使いながらリズムを覚えた。そして、曲に合わせてそれぞれが考える「やってみよう」のポーズを好きに表現する振りなどが付けられていった。週4回練習に打ち込み、この企画を引っ張った浅田は「私がアイスダンスをしている時は、テーマに合わせて思いを込めています」と、伝えたい気持ちを込めて踊ることの大切さを述べた。

おそろいの衣装での本番では、浅田と生徒たちが笑顔で息ピッタリのパフォーマンスを披露。浅田は「みんな最高でした! 毎日頑張りました」と喜び、生徒たちも「明るく踊ることができてよかったです。練習の成果が出せました」と満足げ。さらに、みんなで声をそろえて浅田への感謝の思いを伝えた。

放送後、浅田は「子どもたちが最初は歩くところからのスタートで、ダンスも初めてだったんですが」と生徒たちの苦戦について振り返るが、「本当に諦めなければこんなに素晴らしいパフォーマンスができるんだということを学びました。キラッキラッとした笑顔でした」と子たちの挑戦を称えた。