「24時間駅伝」春菜・よしこ・水卜・あさこが手をつないでゴール。激走の裏にあった思い

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で8月24~25日に放送された「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」。今年は「24時間駅伝」として4人のチャリティーランナーがタスキをつないだ。1区をハリセンボン・近藤春菜、2区をガンバレルーヤ・よしこ、3区を同局社員として初となる水卜麻美アナウンサー、アンカーとしていとうあさこが走った。

25日の放送終了後も、ZARDの名曲「負けないで」のアンコールが鳴り響く中、いとうが東京・両国国技館の敷地内まで力走を続け、近藤、よしこ、水卜アナが合流し、4人は固く抱き合ってゴールまで伴走した。屋内に入り、割れんばかりの歓声と拍手で迎え入れられた4人は手をつないで、午後8時58分にゴール。4人がつなぎいだタスキが国技館へと帰還した。

ゴール直後のいとうは「4人のタスキを国技館まで持ってきました!」と笑顔で達成感を語り、近藤も「4人で完走するのが目標だったので、走りきってくれてうれしいです。やっぱりやってくれました」とコメント。よしこも「カッコいいに尽きます」と続けると、水卜アナは「本当に一人一人の力と、いろんな方の力が集まって、このタスキをあさこさんが持って帰ってきてくれてうれしかったです」と話し、4人の絆と「人と人」のつながりで、大事なタスキを持ち帰れた喜びを分かち合った。