浅田真央「24時間テレビ42」チャリティーパーソナリティーを振り返る。「全く眠くなかったです」

©株式会社東京ニュース通信社

8月24~25日に日本テレビ系で放送された「24時間テレビ42『愛は地球を救う』 人と人~ともに新たな時代へ~」。メインパーソナリティーに嵐、チャリティーパーソナリティーに浅田真央を迎え、番組初となる東京・両国国技館からさまざまな企画をおくった。松本潤が宮城・東松島市で披露した「東日本大震災から8年 天まで響け!復興の和太鼓」やフィギュアスケートの羽生結弦選手がアーティストの松任谷由実やピアニスト・清塚信也と共演することで話題となった「羽生結弦と松任谷由実 豪華コラボ 被災地・北海道に 春よ、来い」、相葉雅紀が主演を務めたドラマスペシャル「絆のペダル」など、感動の場面が次々と届けられた。

チャリティーパーソナリティーを務めた浅田は「新しい令和という時代に共に、自分自身も新しいことにチャレンジしたいと思いましたし、『24時間テレビ』で多くの人に喜んでもらえるように努めたい」と意気込んでいた。放送後、大役を務めたことについて、「初めてでしたが、素晴らしい経験をされてもらえました」と感想を語った。

メインパーソナリティーの嵐から「大丈夫?」「腰、痛くない?」などと、「たくさん声をかけてもらいました」と感謝。長時間の放送は「全く眠くなかったです」と振り返った。

また、浅田は子どもの孤食や貧困について考える「浅田真央が伝える 今、子どもたちのためにできること」、東京都立立川ろう学校の生徒と生披露した「浅田真央と耳の不自由な子どもたち ともに刻むタップパフォーマンス」などの企画に参加。さらに、毎年恒例の「チャリティー笑点」では、座布団運びを担当し、春風亭昇太ら“「笑点」メンバー”を喜ばせ、「令和ニッポン ダーツの旅的全国1億人インタビュー」では福井県に赴き、地元の人たちと交流する姿が随所で紹介されていた。