〔記録雨〕佐賀県各地で猛烈な雨の情報相次ぐ(8/28)

©株式会社レスキューナウ

気象庁のレーダー解析によると、28日早朝、佐賀県内各地で1時間に110mm以上の猛烈な雨が降った模様です。気象庁は佐賀県に記録的短時間大雨情報を発表し、今後の雨に対して警戒するよう呼びかけています。周辺地域では、土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫、落雷や突風といった天候の急変に厳重な警戒が必要です。また、悪天候に伴う交通機関への影響なども懸念されますので、今後の警報や注意報、気象情報に留意してください。

■記録的短時間大雨情報
・120mm以上:佐賀市佐賀付近(~28日04:30)、多久市付近(~28日04:20)
・約120mm:佐賀市久保田町付近(~28日04:20)、武雄市付近、小城市牛津町付近、小城市小城町付近(~28日04:10)
・約110mm:吉野ヶ里町付近(~28日04:50)、佐賀市東与賀町付近(~28日04:40)、佐賀市大和町付近、神埼市神埼町付近、神埼市千代田町付近(~28日04:30)、大町町付近、白石町付近(~28日04:20)、小城市芦刈町付近、小城市三日月町付近、江北町付近(~28日04:10)

※記録的短時間大雨情報は、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析した場合に、現在の降雨がその地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることを知らせるために発表。近くで災害の発生につながる事態が生じていることを意味しています。ご自分の身を守ることを第一に行動してください。