「青春高校3年C組」CDデビューを各曜日担当の先生がお祝い

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京で放送中の「青春高校3年C組」(月~金曜午後5:30)の生徒たちのCDデビューが決定したことを受け、各曜日の担任(曜日MC)からお祝いコメントが到着した。

同番組は、プロデューサーの秋元康氏とテレビ東京がタッグを組んで送る青春生放送バラエティー。毎週生徒候補者がオーディションを兼ねたさまざまな企画に挑戦し、金曜日に合格した生徒が1人増えていく。今回のCDデビューは、秋元氏の“劇場公演をはじめとしたライブイベントにおいて1万人動員達成”という課題をクリアする見込みが立ったため決定したもの。月曜日担当のメイプル超合金・カズレーザーは「デビューで舞い上がるほどうれしい生徒も多いかと思います。ですがこれで、あなたたちの夢がかなったわけではありません。夢は始まったばかりです」と生徒にさらなる飛躍を呼び掛け、安藤なつは「メジャーデビューおめでとうございます。これからもっと忙しい道のりが待っているかと思います。でもそれ以上のものを得られるのでしょう。飲み過ぎ食べ過ぎには気をつけて、これからもたくさんの青春を」と安藤らしいメッセージを寄せた。

続いて、火曜日隔週担当のバイきんぐ・小峠英二は、「1年前からすると考えられないことで、とてつもない飛躍だと思います。ぜひ2枚目は鼓膜を破壊するようなハードコアパンクでお願いします」と次に期待。同じく、火曜日隔週担当の千鳥・大悟は「まだまだこの先長いですが、このデビューをいつかみんなで笑えるように全力で楽しんでください。頑張れ!」とエールを送り、ノブは「ゆっくりと王道を進んでください! なんかしてほしいことあったら言ってね!」と担任らしい言葉をかけた。

水曜日担当の三四郎・小宮浩信は「スキャンダル気をつけろよ! バチボコ売れて局で僕と会ってもシカトすんなよ! バチボコおめでとー!!!」と自戒の意を込め、相田周二は「これからはもうお前らはプロだ! プロとしての自覚を持て! CDデビューおめでとう!」とコメントした。

また、木曜日隔週担当・バカリズムは「この世にメジャーデビューを夢見る人はたくさんいますが、実際にそれがかなっておめでとうと言われる方は一握りです。そのほとんどはおめでとうと言われないまま終わってしまいます。これからはおめでとうと言われる立場だという自覚を持って頑張ってください」と自覚を促し、同じく木曜日隔週担当・おぎやはぎは「おめでとうという言葉では済まないくらいおめでとう。もう、めでたすぎて、めでたくないんじゃないかっていうくらいおめでとう。全力で応援するね」と笑いを交えて称賛した。

そして、金曜日担当のバナナマン・日村勇紀は「デビューが決まったということで、いよいよここまで来たな…。先生たちも全力で応援するぞ!」と感慨深げ。金曜日隔週担当の東京03・飯塚悟史は「ユニバーサルさんからデビューということで、奇しくもうちの相方、東京03・角田晃広が、かつて“ゴッドタン”のマジ歌選手権で作った曲『若者たちへ』でCDデビューした時と同じレコード会社です! その時はオリコン51位という絶妙な結果でした! 皆さんもそれに負けないように頑張ってください!!」と教訓を述べ、同じく金曜日隔週担当のアンタッチャブル・柴田英嗣は「生徒のみんな! デビューおめでとう! 芸能人の先輩の僕からひと言、言わせてください。『いいなっ!』。頑張ってください!」と羨望している。