献血後の血液量はどのくらいで回復するのか?

©株式会社ニッポン放送

1964年(昭和39年)8月21日、政府は『輸血用の血液を献血によって確保する体制を確立』することを決定しました。この決定によって、“安全な血液製剤を安定的に患者のもとへ届ける”という、現在の輸血医療が確立されました。この輸血医療を支えているのは、私たちの献血です。

日本人の大人の血液量は、平均すると体重1キロにつき、約80mlと言われています。これは体重の約1/13にあたります。献血の場合、全体の血液の量の12%までは、医学的に問題ないとされています。実際、お願いしている献血の量は安全なものだそうです。

献血後の血液の量は、水分を摂ることで短い時間で回復するそうです。血液の成分が回復する速さですが、その成分や個人差によって異なります。目安として、血しょうの成分は約2日、血小板の成分が4日~5日、赤血球は2週間~3週間で回復するそうです。

それでも、献血していただく方の安全を最大限に守るために、血液の成分が完全に回復するまでの期間を考慮して、それぞれの献血の種類によって次回の献血日数を定めています。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。