吹き抜け建物280件を調査指導 京都市消防局、京アニ放火受け

©株式会社京都新聞社

吹き抜け階段の構造確認や防火指導を行う市消防局員ら(京都市伏見区・クロスエフェクト)

 京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)での放火殺人事件を受け、市消防局などが吹き抜けやらせん階段のある建物の実態把握と防火指導を進めている。市内の事業所や飲食店など約280件が対象。28日は同区の「株式会社クロスエフェクト」社屋で、消防局員が緊急時の避難方法を指導した。

 対象は3階建て以上かつ収容人員が30人以上で、壁や扉で区切られていないらせん階段や吹き抜けがある建物。火事の際に上階へ煙が急速に広がる可能性があるため、市消防局と都市計画局が年末まで実態調査を行った上で、対応策を検討する。

 28日の指導では、煙に巻かれることなく避難できる屋外階段の場所や、緊急時に逃げるバルコニーの位置を局員が確認。吹き抜けの天井にある窓から煙を逃がせるよう開閉法を確認しておくことや、火事の際は姿勢を低くして逃げることを従業員に求めた。

 同社の畑中克宣専務取締役は「非常時は普段使う経路で逃げてしまいそうだが、多様な避難路を考えていきたい」と話していた。